俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

吊り橋を揺する少年夏休み

作者 孫春艶  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

小中学生が段取りで夏休みに入ってきます。
コロナの原因で遠くへ旅いけないですが、市内大型公園や郊外の人口制の旅行地に人が多く増えてきます。
夏休みの季語で一句練習いたします。
 
よろしくお願いします。

最新の添削

「吊り橋を揺する少年夏休み」の批評

回答者 いなだはまち

孫春艶さま
よろしくお願いいたします。

厳しくはできませんが、率直に思ったことをお伝えすることはできます。

先般申し上げましたが、皆さん俳句の先生ではありませんので、各々が自分の経験の中で「こうかな?」と思うところをお伝えしております。
参考程度にして、あるときは聞き流せば良いと思います。

不快に感じるコメントと感じたときは、非表示にもできますので、機能を有効に活用されては如何でしょうか。

たくさん詠んで、たくさん読んで、嫌いにならなければ、大丈夫だと思います。🙇

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

リュック負ひ橋を揺らす子夏休み

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★
★★

孫春艶さま
よろしくお願いいたします。

練習句のようですね。
実際に見た景色ではありませんので、練習の目的を確認しましょう。

夏休みを題として詠むのなら、
子どもを生き生きと描くなら、
心が洗われるような映像をめざすなら、
言葉の無駄使いをしないなら、
韻を踏むのなら、

何となくでも、意識された方が良いかも知れません。

吊り橋⇒揺らす⇒少年、
簡単な連想ゲームです。
誰でもイメージすることで、類想ができやすい17音の俳句では、他人と違う見え方を探し、言葉で表現することで、詩が生まれます。

参考句も、類想の範囲ですが、無駄な言葉をなくしました。
少なくとも、家族で山に来ている映像は立つかと存じます。
子は、嬉しくて(吊り)橋を揺らします。振り向いては進みます。親は、後ろから笑いながらゆっくりついて行きます。
そんなひとこまです。🙇

点数: 2

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「吊り橋を揺する少年夏休み」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

孫春艶さま
よろしくお願いいたします。

「良い俳句」は、読者の琴線に触れる句ではないでしょうか。

郷愁、共感、追体験、映像の美しさ、読み心地の良さなどを読者が感じる句です。

悔しいという気持ちがあることは、上達の余地があることのように思います。
基本やルームは学ぶべきですが。

楽しいが、苦しいと思うときもあります。
皆さん、そうやって少しずつ上達されるのではないでしょうか。

どこまで行っても、これで良し!ということもないのが俳句だと思いますので、諦めずに続けることで、それらしくなるのではないでしょうか。

私は、適度なストレスを抱えながら、嫌いにならずに続けてゆきたいと思っています。
夢(目標)は、あります。🙇

点数: 2

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「吊り橋を揺する少年夏休み」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

孫春艶さま
お久しぶりです。映像が浮かび、清々しく鑑賞させて頂きました。句として十分成立していると存じますが、[吊り橋=揺れる、揺する」、、、類想句が多そうです。「孫さま」の独自の視点があれば、更に句が良くなると思われます。良い出来ではありませんが、参考句を捻りました。「吊り橋を跳ねる少年夏休み」、、、夏休みの少年の躍動感を詠んでみました。少しでも参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

吊り橋を揺らす少年夏休み

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

楽しそうで涼しげで良い句ですね。
揺するより揺らすが良いと思います。
揺するは本来、揺れないものに対して使われます。(彼の肩を揺すった)
揺らすはもともと揺れるものに対して使われます。(ブランコを揺らす)
この場合ブランコと同じなので揺らすだと思います。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

見守りや子らへの朝日春きざす

作者名 詠 紀陽 回答数 : 2

投稿日時:

曇天や猟銃音の谺せり

作者名 かぬまっこ 回答数 : 4

投稿日時:

飛び込みはプールの母へ三歳児

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『吊り橋を揺する少年夏休み』 作者: 孫春艶
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ