俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

すれ違う人へ挨拶初夏六時

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

朝散歩は、続けております。😄
挨拶は先にしますと、やはり気分がいいものですね。
「挨拶」は、別の4音にした方が良いでしょうか?

最新の添削

「すれ違う人へ挨拶初夏六時」の批評

回答者 あやせえり

つまらないですね六時とかいわなくてもいいようなことばを選ぶといいと思います

指摘事項: 字足らず 無季俳句 新旧仮名遣いの混用

句の評価:
★★★★★
★★

点数: 1

添削のお礼として、あやせえりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

お早うと触れ合う心初夏の朝

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様
提案句、如何でしょうか?まだまだ精進足りません💦というのか、私の理解力が…。情けないです💦頑張りたいと思います☺️💦

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「すれ違う人へ挨拶初夏六時」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様
おはようございます。まずは「俳句ポスト」人選、、おめでとうございます。本日は、「俳句王国が行く」ですね。わたしは所用があり、録画で見る予定です。
「紫陽花」の句への、添削、句評有難うございます。ご教示いただきたいことがあるのですが、、。「説明的」というのが今一つ分かりません。色々調べるのですが、分かるような分からぬような。「紫陽花」の句の場合、中七、下五は説明的となるのでしょうか?また、俳句の世界では嫌う原因と結果の関係になるのでしょうか?お教えいただけたら幸いです。(いつもすいません)
「初夏六時」の句、、、。気になりましたのが中七でした。「挨拶」と言っているので、あえて「人」と入れることの是非でした。「いなだ様」ですから意味のある事なのでしょうが、私は分かりませんでした。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「すれ違う人へ挨拶初夏六時」の批評

回答者 ナマエツケテヨ

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様
虫捕り網の句の批評、ご指摘ありがとうございます。下五を場所にしてみたら少ししっくりきました。

御句は、自分から挨拶する気持ちよさ、初夏の六時の日差しが優しく、まだ空気の澄んでいる気持ちよさが表現されていてとても好きです。勉強になりました。

点数: 1

添削のお礼として、ナマエツケテヨさんの俳句の感想を書いてください >>

「すれ違う人へ挨拶初夏六時」の批評

回答者 石垣

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様添削ありがとうございます。
背伸びして擬人化に挑戦しましたが添削後の素直な表現の方がより良い句になっているのが伝わりました

点数: 1

添削のお礼として、石垣さんの俳句の感想を書いてください >>

「すれ違う人へ挨拶初夏六時」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様
いつもありがとうございます。夏井いつき先生の俳句王国見ました。オノマトペ等、いろいろ勉強になりました。楽しいですね☺️🍀🌼

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「すれ違う人へ挨拶初夏六時」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様
おはようございます。「蜘蛛の巣」の句評、アドバイス、添削、、、感謝申し上げます。「いなだ様」からのご教示、励みになります。ところで、「翡翠」、、本日締切ですが如何でしょうか?私はオリジナリティーの効いた納得の句がまだできていません。最後まで粘ってみようと思います。うれしい報告をさせて下さい。昨日、「伊藤園おーいお茶」の俳句コンテスト、2次審査通過の連絡が来ました。(私事ですいません)

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「すれ違う人へ挨拶初夏六時」の批評

回答者 北あかり

句の評価:
★★★★★

ご無沙汰しております。
北あかりです。
いつもは思いついた駄句を晒してばかりなのですが、今回はコメントというより質問を‥。
まず読ませていただいた感想は「不思議な句だなぁ」と。
挨拶も(おはよう)とせず、「六時」と入れたことも読み解けませんでしたが、(すれ違う人に挨拶するのは大抵の場合朝ですよね笑)
季語が「初夏」である必然性というか‥、そこが疑問に思いました。
春でも秋でも冬でも、散歩ですれ違う人には挨拶をすることはあるはずなのに、なぜ「初夏」なのか。
私なりに色々想像したんですが‥分かりませんでした。
よろしければ、句意をご教示いただきたいです。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、北あかりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

啄木を念ずる春の小樽駅

作者名 あらちゃん 回答数 : 6

投稿日時:

乙姫の赤い思い出京の秋

作者名 優子 回答数 : 0

投稿日時:

要望:褒めてください

風薫る試合の朝の卵飯

作者名 ダック 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『すれ違う人へ挨拶初夏六時』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ