俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春の色ラナンキュラスのドレス着て

作者 石坂 紀子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ドレスを見た時に、ラナンキュラスの花の様な華やかさと、優しいさと、春らしい幸せを感じたのを詠みました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春の色ラナンキュラスのドレス着て」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

石坂さま

ラナンキュラス、素敵な花ですね。
ドレスの比喩にぴったりだと思います。

場面を詠み込んでも面白そうです。
◯◯◯◯◯ラナンキュラスを纏ふかに
上五、ご検討ください。🙇

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

石坂さま

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

拙句へのコメントありがとうございます。
ラナンキュラスの句ですが、季語を比喩に使うと鮮度が落ちると言われてます。

薔薇に負けない素敵な花ですので、堂々と比喩で使うか、上五字余りでどんと置いて、残りの12音で伝えたいことを映像化されるかをおすすめします。
失礼いたしました。🙇

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「春の色ラナンキュラスのドレス着て」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

石坂紀子様
いいなあ、という思いにかられます。きっと素敵なドレスなのでしょう☺️🌹私は、無難に黒、グレー、ベージュを選んでしまいがちです💦でもこの間、ちょっと黄色がかったコートを買いました。でも、着ているのが恥ずかしいです💦

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寝一句覚めても一句初暦

作者名 笙染 回答数 : 0

投稿日時:

枝垂れ桜のバギーに届くも少しで

作者名 宮武桜子 回答数 : 9

投稿日時:

夜を畝る老樹の幹や夏の雨

作者名 卓鐘 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春の色ラナンキュラスのドレス着て』 作者: 石坂 紀子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ