俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

遠足で枯葉踏む音さくさくと

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

遠足、という作文を、小学一年生の時に書き、杉並区の小学校の小学一年生の部門で優勝し、杉っ子という本に載りました。とても遠い過去の自慢をしてすみません💦もっと俳句を勉強致します。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

堀籠さま

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★
★★

俳句とは?を理解しますと、す~~っと流れてゆきます。
それまでが、大変かも知れませんね。😰

さて、御句、季重なりです。だめな訳では
ありませんが、本句では効果なしかと。

さくさく、面白いオノマトペ(ここでくるか!)ですが、私の場合、霜柱のイメージを勝手に脳が選択しました。

堀籠さまへは、暫く少し大人しくして、理解度の推移を見守りたいと思います。
偉そうな物言いですみません。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「遠足で枯葉踏む音さくさくと」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

堀籠美雪さま
こんにちわ。コメント拝読しました。そうなんですね、、、。小学生らいい感じて提案句を作ってみました。
「遠足のかさかさ葉っぱ踏みしめて」、、、参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

堀籠さま

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

私が申し上げたいことは、だいたいお伝えしましたので、あまり余計なことは言わずに見守らせていただきたいと思っています。😄

私がここから離れるとか、堀籠さまに離れろとか、一切申しておりません。
誤解のなきようお願いいたします。🙇

俳句は、読者に宛てたラブレター。😉

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

もたもたと蝉や路上に交みけり

作者名 知世 回答数 : 4

投稿日時:

区民プール秋雨のみが響く夜

作者名 Jacob.T 回答数 : 2

投稿日時:

梅雨入りてたくわんの切れつ端嚙む

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『遠足で枯葉踏む音さくさくと』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ