俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

節分や近所に子らの数減りぬ

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

そのままの句です。昔は豆まきの声があちこち聞えましたものですが・・・ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「節分や近所に子らの数減りぬ」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
拙句「フェイスシールド」にコメント有難うございました。「これで七音使うのはいかがか」とおっしゃるのはごもっとも。しかしこの時の私は「これで中七が出来た!」という心境でした(笑)。
ちゃあきさんは岸本葉子先生の本を読んでいらっしゃるのですか。勉強なさっていますね。すごいです。
私これから岸本先生が選者になっているあるコンテストに応募しようと思っています。初めてです。この前、ちゃあきさんに予告したら入選したのでゲン担ぎです(笑)。また報告します。

さて御句拝読しました。おっしゃることには共感します。道で遊ぶ子どもの姿など、まるで見かけなくなりましたね。実際、学校でも児童数が少なくなって、空き教室がたくさんありますからね。
ただ、あらためて節分になぜそのように思ったのか、が俳句からは読み取れないですね。コメントを読むと、豆まきの声が聞こえなくなったからとわかりますが、俳句だけだと、「子ども豆まき大会をやるので集まれ〜」と呼びかけたのに誰も来ないという主催者の声とも読めます。

イサクさんのコメントはいつも参考になりますが、今回のコメントは、まるで添削のお手本のようですねー。提案句もぐうの音も出ません。

私の間抜けなコメントは本当にレベル差を感じますが、まあ、こんなメンバーも一人いていいでしょう。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「節分や近所に子らの数減りぬ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

中七下五が「近所の子の数が減った」という抽象的な報告と、季語「節分だから気づいた」の因果関係がちょっと気になりますね。
あまり季語として生きてこず「節分だから」という説明で使っているような。

何を感じて「子らの数が減った」と思ったか、が大事だと思います。
コメントから「声」ですよね。そちらを生かしましょう。

まず、元句として説明的な提案句。

・節分の声の少なき近所かな

から、「少ない」「近所」など説明っぽい点を省略して

・節分や子の声のなき住宅街

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「節分や近所に子らの数減りぬ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

御句。節分の季節感はあまり出てません。言いたいことはよくわかったんですが。節分だけで、子供の声はない。イサクさんの提案来るはスッキリです!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

客間より漏るる喃語や大晦日

作者名 げばげば 回答数 : 7

投稿日時:

鵜の性をあやつる縄に火の粉かな

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

宅急便絵本添えらる林檎かな

作者名 中村あつこ 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『節分や近所に子らの数減りぬ』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ