俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

散る花やノスタルジアのそこかしこ

作者 豆柴  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

桜が散ったあとは街のいたるところに花びらが
郷愁を覚えます

最新の添削

「散る花やノスタルジアのそこかしこ」の批評

回答者 そうり

豆柴さま
こんにちわ。具体的映像が無いにもかかわらず、ストン、、、と心に落ちてきました。
「そこかしこ」を強調すべく、上五を変えて詠んでみました。
「飛花落花ノスタルジアのそこかしこ」句意に沿ってなければスイマセン。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「散る花やノスタルジアのそこかしこ」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

豆柴さま
おはようございます。

今更ですが、豆柴を飼っていらっしゃるのでしょうか?
可っ愛い~でしょうね!!😄

御句、「散る花や」で言い尽くしている感じですので、中七下五で変わらない日常を
描写するのも面白いですね。
参考になれば幸いです。🙇

点数: 2

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「散る花やノスタルジアのそこかしこ」の批評

回答者 女郎花

句の評価:
★★★★★

強い力を感じました
「郷愁を感じよ」と言わんばかりの強い作品ですね

「花」という季語が「桜」よりも概念的な季語というのも影響して、映像化より心理描写に重きが行ったのかと分析しました

そして「散る花や」の「散る」が強すぎる心理描写をもたらしたのだと思います
別の季語を置いてみると、心理描写を抑えつつ情景の描写へシフトできる気がします

飛花落花ノスタルジアのそこかしこ

点数: 2

添削のお礼として、女郎花さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

屈み見る蟻行列の先頭を

作者名 さつき 回答数 : 0

投稿日時:

それなりとこぼるる笑みやいぬふぐり

作者名 こま爺 回答数 : 5

投稿日時:

冬ざれや稜線に浮かぶ龍の雲

作者名 めい 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『散る花やノスタルジアのそこかしこ』 作者: 豆柴
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ