俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

唸る除雪機放物線は青空へ

作者 北あかり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

北あかりです。
雪解け近い北海道の風物詩
ハウス周りの除雪の風景を詠みました。
手押し式の除雪機でハウス周りの雪を雪飛ばし、
ビニールを掛けやすくするための
大切な農作業。
吹き飛ばされた雪の放物線は青い空に映えます。
あえて「青空」と入れたのは、「除雪機」だけだと、雪の降るイメージになるのかと。
「唸る」はひらがながよかったか、今も悩みます。
語順は破調で詠んだりと色々いじくりまわしましたが、一旦はこの語順で笑。
もし皆さんの意見をいただけたら、また推敲したいと思います。
コロナの脅威、景気の減速感
全てこの雪のように
空の彼方は飛んでいってほしいです。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「唸る除雪機放物線は青空へ」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

北あかり様
こんにちわ。映像が直ぐ浮かびました。いい句ですね。私も「かこ様」の意見に賛成です。提案句を作ってみました。「青空へ除雪の飛ばす放物線」お粗末様です。少しでも参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

車影伸び家路ながるる秋夕焼け

作者名 石坂 紀子 回答数 : 2

投稿日時:

六日はやタバコ屋の婆しぶしぶと

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 3

投稿日時:

初夢や十億円の宝くじ

作者名 かぬまっこ 回答数 : 10

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『唸る除雪機放物線は青空へ』 作者: 北あかり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ