俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

キーひとつ下げて囁く春鴉

作者 かこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

聞いたこともないような優しい声で鳴いておりました。恋歌かなぁ。よく知らないけど。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「キーひとつ下げて囁く春鴉」の批評

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

かこ。様、こんばんは。鮮やかな一物仕立ての句だと思いました。
春鴉の声を、鳴くではなく「囁く」とすることで、強くリアリティを感じます。さらに「キーひとつ下げて」という描写に、より実感が伴います。また細かな点ですが、「一つ」ではなく「ひとつ」と平仮名で表記した所も、見やすくする工夫と受け取りました。難しい型へのチャレンジ、とても勉強になる一句でした。ありがとうございます。

点数: 2

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「キーひとつ下げて囁く春鴉」の批評

回答者 豆柴

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございました
手直しいただいた句すごく参考になりました
やっぱり目線が違うんですね
私はコーヒーばかりみていましてけど
かこさんはもっと遠くから見ている感じなんでしょうか

鴉の鳴き声の違いに気づくのがすごいと思いました
毎朝聞いてるのに

点数: 1

添削のお礼として、豆柴さんの俳句の感想を書いてください >>

「キーひとつ下げて囁く春鴉」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

かこ様
「受験」の添削ありがとうござます。「春光」どんぴしゃの季語、、コメントもその通りと思います。早急、、、ストレートすぎました。
*「鴉」は調べましたらとても不思議な鳥でした。昼夜で鳴き方が違う、、種類によっても鳴き声が違う、、不吉の鳥とされる一方、神の使いとも言われる(Jリーグのシンボルマーク)、、お互いのコミュニケーションをとるために鳴く、、4月~7月は産卵期で気性が荒くなり、鳴き方も高音に、、、。「かこ」様のコメントにあるように、4月にカップルになり、産卵するため、今の時期、恋を囁いているのかもしれませんね。初心者の私が言うのもなんですが、さすがの「一句」脱帽です。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「キーひとつ下げて囁く春鴉」の批評

回答者 ひろせならありす

句の評価:
★★★★★

とても印象に残る一句です。

鴉は、飼えば人の言葉を覚えるそうです。
その声は本当に様々で表現豊かですね

囁く がとてもいいです。
春の長閑な温もりと響きあうようです。

点数: 1

添削のお礼として、ひろせならありすさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

母の日の肩たたき券色褪せて

作者名 ろっこ 回答数 : 4

投稿日時:

発熱し気もそぞろなり秋の暮

作者名 さほ 回答数 : 2

投稿日時:

仲たがい風通しよく氷解

作者名 さざえ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『キーひとつ下げて囁く春鴉』 作者: かこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ