俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

一瞬の光の闇やはだしのゲン

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

八月に入ると巷では戦争を題とした句が溢れかえります。現代では戦争の記憶を持つ世代が減りつつあるというのに。
これはきっと俳人としての性というより季語の持つ力の大きさではないでしょうか。

もうそろそろ、はだしのゲンも原爆忌の傍題として扱われてもよいのではないかと思います。

最新の添削

「一瞬の光の闇やはだしのゲン」の批評

回答者 よしはむ

腹胃壮 さん、こんにちは。
どうも私の俳句「お前邪魔押しくらまんじゅう燕の子」の添削をしていただき、ありがとうございました。

「一瞬の光の闇やはだしのゲン」は、原爆が投下された瞬間の句ですね。
広島の原爆忌が8月6日ですので、時期的にも合う句だと思います。
光の闇という表現が文学的ですね。
すべてが見えなくなるほどの光の強さを、闇と表現したのだと思います。

はだしのゲンは、昔、学校の図書館で読んだのですが、古い作品ですので、今の若い人の中には知らない人も多いと思います。読む側に教養が必要なので、そこが難点であるように感じます。
はだしのゲンに代わる表現を考えてみましたが、原爆をそのまま表現すると、説明的になるので、この句は、これでOKのようにも思えます。
あまりまとまりがありませんが、感想でした。

点数: 2

添削のお礼として、よしはむさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「一瞬の光の闇やはだしのゲン」の批評

回答者 あ~すけ

季語傍題の提案句であれば、無季語だという指摘に意味はないですね。
ただ、傍題とするには、名句が沢山詠まれる必要はあります。

添削ではなく、提案季語傍題の句に挑戦してみます。
はだしのゲン式典脇のプラカード
式典のそばのデモ活動がどういったものだったのかまでは知らないので論評は控えます。
はだしのゲン知る子も徐々に減りにけり
こちらは風化を詠みました。

点数: 2

添削のお礼として、あ~すけさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨晴や今朝靴音を高く聞く

作者名 ののか 回答数 : 4

投稿日時:

雲およぎ花の香のせて秋運び

作者名 流れ星 回答数 : 0

投稿日時:

結果のみ伝へるメール春の雨

作者名 なおじい 回答数 : 15

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『一瞬の光の闇やはだしのゲン』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ