俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

御正忌の線香の香を持ち帰る

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

親鸞忌を詠みました。

最新の添削

「御正忌の線香の香を持ち帰る」の批評

回答者 かこ

私は香りを持ち帰るという表現は詩的でよいと思います。
物理的にも香りの粒子を繊維につけて持ち帰っている訳ですし😃

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「御正忌の線香の香を持ち帰る」の批評

回答者 平果

句の評価:
★★★★★

報恩講で染み込んだ線香の香りが、家に戻った今も漂っていると詠むことで、日常の一場面としての趣が出ていますね。

貴句に触れて、「御正忌」という季語について少し考えてみましたが、気を付けなければならない点があるなというのが第一感です。というのも、親鸞の教えの尊さ有り難さ正しさといったものを詠み込むと、句を損ねるからです。その点、貴句は日常の一場面として捉えているため、重苦しさがなくて良いなと思いました。

ただ、「香を持ち帰る」という表現が、私には気になります。「香」は物体でないので持ち帰ることはできないと思うからです。もちろん、この表現の言わんとするところは理解しているつもりです。しかし、なるべく景をそのままに詠むべきというのが私の信条なので、違和を覚えました。代案として、

御正忌や線香の染む帯を解き

としてみました。やはり切れ字は欲しいので上五の最後を「や」にし、「線香の香」も「香」の字がダブっているので省き、「帯を解き」で日常の流れの中にも一区切りつけてみました。一意見として御笑覧頂ければ幸いです。

一意見としてお聞きくだされば幸いです。

点数: 2

添削のお礼として、平果さんの俳句の感想を書いてください >>

御正忌や線香の香を持ち帰る

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
母との和解に伴い、〈躁〉状態も大分落ち着いてまいりました。
なんだか、悟りを開いてしまいそうな、おくらです💦

拙句「枯葉」の句に、ご批評を賜り、誠にありがとうございます。

改めて、拙句を読み返してみたら、色々思うところがあったので、最新句のコメントで釈明させていただいております。よろしければ、お目通しください。

恐縮ながら、御句に感想を述べさせていただきます。

とても素晴らしい句だと思います!(´;ω;`)
御句の肝は「持ち帰」った「線香の香」ですね。
独特な清らかな香りが、嗅覚を刺激しながら、「線香の香」が、多様な〈想い〉を内包しています。

〈親鸞に対する追悼〉〈講話に対する感動〉〈そこから得た今後の生きるための指針〉、詠み手にとって「線香の香」が何を表象しているのかは定かではありませんが、少なくとも、御句の読み手は、【詠み手がなんらかの〈清らかな想い〉を得てきた】という事実が、「線香」の上品な香りと共に漂ってきます。

強いて、手直しを加えるとしたら、上五の「御正忌の」の「の」でしょうか? 説明的に感じてしまうことと、中七で重なるのもややもっさり感があることを踏まえて、「御正忌や」としてみました。

少しでもご参考になれば、幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

散る花や木叢の鳥も悲しげに

作者名 博充 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

寄り添いて家族のようにつくしんぼ

作者名 山口雀昭 回答数 : 4

投稿日時:

初めての国勢調査盛って書く

作者名 いなだはまち 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『御正忌の線香の香を持ち帰る』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ