俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬の夜やまだ間に合うと思い立つ

作者 林涼介  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

新年の目標を今更思い出し、まだ間に合うと行動し始めるという句です。
だから、季語「冬の夜」は11~12月の夜ということです。
「思い立つ」の割にはエネルギッシュではないイメージですが、ふと思い出した感を出すには良いのではないのでしょうか。

ただ、これだけだと「まだ間に合う」が新年の目標であるとは想像しにくいですね…
想像の余地としておきましょう。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

間に合ふか鉛筆削る冬の夜

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
浪人一回、留年一回。
昔はダメ学生だった、おくらです。

恐縮ながら、御句に感想を述べさせていただきます。

単純ではありますが、久田様のご指摘は的確だと思います。俳句という詩歌は、読みの多様性をある程度、許容はしてくれますが、掲句は、あまりにも手懸かりが少なすぎます💦

「終電」「抽選葉書の投函」「宝くじの購入」「彼女が来る前の部屋の掃除」など、思い付く候補は挙げれば、きりがないですが、私は自身の経験から「センター試験への備え」を思い浮かべました。提案句は、それを示唆する視覚描写を「鉛筆削る」に託して、詠んでいます。

新年の目標なら、そうですね💦
今の方達もやるのかどうかはわかりませんが、【大きな紙に筆文字で、デカデカとその目標を書き、机の横にでも貼ってみて】はいかがでしょうか?

俳句は一句【読み終えた後に、読み手の前に視覚的な情景がはっきり浮かび上がること】が佳い句の条件の一つとされています。その点に気を付けて、今一度、推敲してみてください。

次の句を楽しみにお待ちしております!

点数: 0

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

COVの春六施はならず言ばかり

作者名 関 淳次 回答数 : 2

投稿日時:

墓参り替わりに写真整理して

作者名 kotobato 回答数 : 1

投稿日時:

立春や禽集い来る精米所

作者名 ちゃあき 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬の夜やまだ間に合うと思い立つ』 作者: 林涼介
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ