俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

キリストのふどし弛むや小六月

作者 一本勝負の悠  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

小春(こはる)初冬
【季語】
小六月、小春日、小春日和、小春空、小春風、小春凪
【解説】
陰暦十月の異称である。まだ本格的な冬とはならず暖かい日和が春先の陽気を思わせるが、春とは区別して「小春」という。冬囲いに精を出したり、越冬野菜を取り入れたり、大根や柿を吊るし干にしたり、本格的な冬に備えるころの日和である。

【例句】

団栗は小春に落つる端山かな
言水 「流川集」

月の鏡小春に見るや目正月
芭蕉 「続山の井」

ささ栗の柴に刈らるる小春かな
鬼貫 「続都曲」

古家のゆがみを直す小春かな
蕪村 「落日庵句集」

海の音一日遠き小春かな
暁台 「暁台句集」

水底の砂も小春の日なたかな
梅室 「梅室家集」

草山の重なり合へる小春哉
夏目漱石 「漱石全集」

玉の如き小春日和を授かりし
松本たかし 「松本たかし句集」

大佛に足場かけたり小六月
星野立子「實生」

白い肌着のなかの膚の小六月
飯田龍太 「春の道」

白雲のうしろはるけき小春かな
飯田龍太 「遅速」

小春日や粟のこぼるる小鳥籠
長谷川櫂 「天球」

小春日の影のにぎやか小鳥籠
高田正子 「花実」 ~きごさい~

最新の添削

キリストや弟子に囲まれ小六月

回答者 丼上秋葵

おはようございます!
今日は公休、おくらです。

拙句「原爆」の句にご指導くださり、ありがとうございました。やはり「原爆」のみでは、季語ではないのですね。勉強になります。また、辛口悠様に褒められると殊更嬉しいですね!

恐縮ながら、御句に感想を述べさせていただきます。

いいですねぇ! 「キリスト」と書くだけで色々な想像が広がります。〈人間の原罪〉に〈十字架〉などをはじめ、彼が背負わされていたもの、そして、今なお背負わされてるものは多すぎますから💦そんな辛く厳しい冬のような人生の中で、彼にも「小六月」のような、心穏やかな時が来たとするなら、私は、信頼できる仲間が出来た時なのではないかな? と思っての提案句です。

「ふどし弛むや」という表現も機知を感じられて素敵です。常に〈褌をしめて〉物事に当たっていた彼が、〈不意に見せた気の弛み〉を、切れ字の「や」が上手く強調してくれていますね!

人でありながら、神の一句を作りたい! そんな烏滸がましい業を背負い、時には冬の凍てつく北風のような批判を一身に受けながら俳句道を歩む私も、悠様をはじめとした信頼できる皆様が居てくださるからこそ、「小六月」のような心穏やかな気持ちで作句に臨めます。まぁ、ユダに命を奪われないよう、気を付けはしますがね!((( ;゚Д゚)))

少しでもご参考になれば、幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

キリストのふんどし弛む小六月

回答者 大泉洋二郎

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
大泉洋二郎です。

松毬の句へのお言葉とお誘いありがとうございます。

悠様のお示しになられた句は全て季語という離れ業をなさっていらっしゃるのですね。
初心者なりに色々チャレンジしてみたくなりました。

添削ではございませんが提案句です。
切れをなくしてユルユルにしてみました。

またご指導お願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、大泉洋二郎さんの俳句の感想を書いてください >>

「キリストのふどし弛むや小六月」の批評

回答者 素一

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
いつもお世話になっております。
気分を害されたご様子で心からお詫び申し上げます。
句力のなさ百も承知しています。
悠様の俳句に対する心構えも大切にプリントしてノートに貼っています。
野心なんて何で考えましょうか。ただただ、この道場を勉強する場として一心です。
今後も宜しくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

一人ぼち悲しいのかな年の暮れ

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

老なりし三階の松選ぶ母

作者名 素風 回答数 : 0

投稿日時:

命消ゆ音のしきりに春の闇

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『キリストのふどし弛むや小六月』 作者: 一本勝負の悠
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ