俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

名月や火炎放射に微動無し

作者 和光  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。さすが名月様。恐れ入りました。

最新の添削

「名月や火炎放射に微動無し」の批評

回答者 いなだはまち

お世話様です。

中秋を確認いたしました。なるほど!
ご指摘ありがとうございました。

ただ、名月と言えば、旧暦八月十五日の月のことですので、上五は不要でしたね。
昨日、結局「名月」は見えませんでした。

その代わり、今日の満月は名月と言ってよいくらい澄みきっています。

また、宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>


ネット講座『【俳句講座】365日読むだけで俳人になれる講座』
素晴らしい作品を読んだとき、俳句でも泣けます。良い俳句をつくるようになると生活がいきいきして顔が輝いてきます。ただし、ホンモノの俳句をつくる技を会得しなくてはなりません。世の中の大部分の俳句は真面目そうでつまらない。だから本当に素晴らしい俳句の世界に八木健がご案内します。一緒にやろうじゃありませんか

八木 健 講師
NHKアナウンサーとして39年間勤務 
NHK俳句王国司会を10年担当しました 
現在 滑稽俳句協会会長

 

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「名月や火炎放射に微動無し」の批評

回答者 いなだはまち

お世話様です。

菊の酒、コメントありがとうございます。
秋薔薇、竜田姫、重陽、と私には難しいお題の連続でした。
本句は、応募句ではありません。(笑)
今の茸、次の檸檬は、類想句が多く出そうな気がします。

秋薔薇は、並に引っ掛かれば御の字です。

和光さまの句は、あり得ないと思われるもの同士を組み合わせて、新しい世界を作ろうとされているのかな?と見えます。
更なる挑戦を期待しております。

また、宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

農鳥に鍬持ち替へる男かな

作者名 腹井壮 回答数 : 3

投稿日時:

冬遍路病める足にも夕日影

作者名 白井 百合子 回答数 : 3

投稿日時:

川蜻蛉水切りの輪にからみ翔ぶ

作者名 鳥越暁 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『名月や火炎放射に微動無し』 作者: 和光
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ