俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

朝一のトマト匂ひも口の中

作者 素一  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

朝カーテンを開けると朝顔。庭に出てもぎたてのトマトをガブリ。もぎたてのトマトは少し青臭さがありますが一日の糧です。十月までは多分大丈夫です。
家庭菜園二句詠ませていただきました。

最新の添削

「朝一のトマト匂ひも口の中」の批評

回答者 ジャマイカ丼

ご指摘ありがとうございます🙇‍♂️歳時記によって載って無いかもしれませんが『色変えぬ松』で一つの秋の季語となっております。もし良ければお手元のスマホで調べてみてはいかがでしょうか🙇‍♂️今後も何かあれば遠慮なくお願いします✨

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ジャマイカ丼さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「朝一のトマト匂ひも口の中」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

千日草さま
以前過去にこの道場の作品を遡った際、目にとまってお名前は存じておりました。
かこ様の書き込みを拝見したところですが、この機会を借りましてよろしくお願いしたいと存じます。

点数: 1

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

「朝一のトマト匂ひも口の中」の批評

回答者 ジャマイカ丼

句の評価:
★★★★★

こんばんは✨僭越ながら感想を述べさせて頂きますと、朝一の新鮮な真っ赤なトマトを頬張る姿が目に浮かびました。匂い『も』とつける事でトマトの香り意外にも甘酸っさと、ジューシーな様子を読み手に感じさせる上手い表現かと存じます。トマト大好きな私としては厳しく添削しようかと思いましたが、特に無いですね🙇‍♂️

点数: 1

添削のお礼として、ジャマイカ丼さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬空に母を送りしりんごの歌

作者名 中村あつこ 回答数 : 4

投稿日時:

鍋奉行の絶叫白菜にいつく虫

作者名 武照 回答数 : 1

投稿日時:

地下道のさまよふ蝶の白さかな

作者名 くまた 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『朝一のトマト匂ひも口の中』 作者: 素一
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ