俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夕涼み掻き傷かすか寒き膝

作者 鳥居文雄  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

団扇で扇いでふと腕を見ると、2ヶ月前に亡くなった猫ちゃんの掻き傷が、微かに残っている。膝に乗ってくれる猫ちゃんは、もういない。
注:猫を飼っていると、爪が鋭いので、少し当たっただけで、引っ掻き傷が出来、暫く、その傷が残る。

最新の添削

「夕涼み掻き傷かすか寒き膝」の批評

回答者 いなだはまち

お世話様です。
初心者の感想程度にお願い致します。
家族として生活をともにした犬や猫との別れは、辛いことと思います。
お気持ち拝察いたします。

さて、本句ですが、夕涼みという夏の季語と、寒しという冬の季語が同居しているのが、気になりました。
掻き傷は、虫刺されかなと思いました。
寒き膝は、猫がいない寂しさのことかと思いますが、読者には伝わらないと思います。
◆猫おらぬひとりぽっちの夕涼み
くらいでどうでしょう。
宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

夕暮れに初恋デート海辺にて

作者名 優子 回答数 : 2

投稿日時:

灌漑の水面キラキラ春立つ日

作者名 喜子 回答数 : 3

投稿日時:

軒天のおほ凍て牙に雫落ち

作者名 みちのく 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夕涼み掻き傷かすか寒き膝』 作者: 鳥居文雄
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ