俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

カラコロと祭りの帰り響く下駄

作者 みん  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

祭りになると、よく浴衣を来て出歩きます。
その帰り、家へむかう静かなくらい道で下駄の音だけがカラコロと響くのをそのまま書きました。

最新の添削

「カラコロと祭りの帰り響く下駄」の批評

回答者 04422

こんばんは!千日草と申します。
カラコロと祭りで下駄である事は想像出来ます。
上手く添削は出来ませんが座五が勿体ない感じがします。
◆カラコロと祭りの帰り響く音
句を尊重して最小限にしました。どうでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

珈琲のカップ温め秋しぐれ

作者名 佐渡 回答数 : 7

投稿日時:

行く人の知るも知らぬも浮かぶ月

作者名 なおじい 回答数 : 35

投稿日時:

各家巡る御用聞き芋煮会

作者名 ドキ子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『カラコロと祭りの帰り響く下駄』 作者: みん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ