俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

断捨離も生き長らへて更衣

作者 宮武桜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

大病したとき断捨離しましたが、予想外に回復して出すもののない更衣になりました。

最新の添削

「断捨離も生き長らへて更衣」の批評

回答者 幸福来々

月涼しの句のコメントありがとうございます!

具体的に何をと聞かれて戸惑っちゃいましたね(^-^;
自分をでもいいかもしれません。
今日という日を良いものとするってのでもいいかもしれません正直わかりません。

ただただ淡々と優しい表情で満ち欠けする月を羨ましいと思っただけです。

点数: 2

添削のお礼として、幸福来々さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「断捨離も生き長らへて更衣」の批評

回答者 まちる

いつもコメント頂きありがとうございます。

揚句ですが・・・
少し露骨な言い方になってしまいますが推敲の為の発言とご了承ください

句意が説明読むまで分かりませんでした。

まず断捨離を身辺整理、死に支度の意味合いで使われてると思います。
しかし断捨離は不要な物を捨てることにより有意義に生きるライフスタイルと言う意味合いです。
生の印象が強く齟齬をきたしていると思います。
その上、断捨離が名詞なので本来は「断捨離(し)も」と動詞が必要と思いますが省略されてますよね。
ですので余計に分かりにくくなってると思います。
せっかくの「生き長らへて更衣」とパンチのあるフレーズがぼやけてるように思います。

字余りで露骨な表現にはなってしまいますが

「死に支度も生き長らへて更衣」

どうでしょうか

点数: 2

添削のお礼として、まちるさんの俳句の感想を書いてください >>

「断捨離も生き長らへて更衣」の批評

回答者 鳥越暁

おはようございます。
「断舎離」は元々仏教用語ですね。執着を捨てるという意味合いを持っているので、その執着の中で「生への執着」を捨てるという「断舎離」の使用は良いと思います。
いわば、本来の仏教用語としての「断舎離」のイメージに近いかなと。

そう考えますと「断舎離」と「更衣」の対比は良い着眼点と思います。
私は中七をもう少し明るい表現にされた方がいいかな、などと感じました。
もう少し希望を持った言葉にと。

素人が生意気を申し上げました。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「断捨離も生き長らへて更衣」の批評

回答者 04422

おはようございます!
いつも的確な添削指導ありがとうございます。
棚田を入れたかったのですが、田植の季語しか浮かばず離して使用するとは思い付きませんでした。
断捨離のお句ですが、とても良く心情を表現出来ていると思います。断捨離が流行語みたいに軽く扱われている世情に少し不安を感じます。中七まだまだ生に意欲のあるお言葉を楽しみにお待ちしています。敬語も使わずに申し訳ございません。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「断捨離も生き長らへて更衣」の批評

回答者 まちる

人様の句に熱くなのは場違い感を覚えますが、私が受けた印象とのズレがどうも黙っていられないので失礼します。

この句は
死を自己の中で折り合いをつけて受け入れたにも関わらず生き延び、更衣で出す服がないって句ですよね
少し滑稽に思えた所と安堵を更衣の季語で表してると思うんですよね
「予想外に回復して出すもののない更衣」
と説明もありますし。

断捨離は物への執着を捨ててより良い生(活)へ執着と私は思うんですけど、意味を履き違えているのか・・・
どちらにしても断捨離の意味はさておき

死の覚悟からの回復と日常を送るときに表れるその跡を詠んだ句と思うんです。

だから「も生き長らへて」この部分は触らない方がいいと思えるんですけどね。
私の好みで主観のお話です。
的外れならすみませんスルーして下さい。

点数: 1

添削のお礼として、まちるさんの俳句の感想を書いてください >>

断捨離も生き長らへて更衣

回答者 みそまめ

ルージュの句にコメントありがとうございました。かこさまの思っておられる通りの句意です。病気のため着る機会がなくなったり、痩せて着ることができなくなった服も沢山あります。先日 五か月ぶりに
美容室に行くことができて 髪を超短くしてもらいました。お若い方や大病の経験のない方には あまり理解してもらえないかも知れませんが、複雑な思いがあります。そんな思いをルージュに託しました。
でも 俳句は作者の意図や思いと必ずしも同じでなくても 良いと思います。読み手によって句に幅や広がりがでてくる様な句を詠みたいと思っていますが、なかなか難しいです。
かこさまの断捨離の御句は 同じような意味でとてもよく分かりますし、共感できます。佳句だと思います。断捨離自体の解釈も色々ある
ようですが、人間の心は複雑で 理屈で割り切れるものではありません。私は 好きです。ルージュの句では 最近珍しく愚痴?のようなものを出してしまったので かこさまの御句で明るさを取り戻させて下さいね ⭐断捨離す明日を煌めかせるために⭐断捨離てふ新たなる更衣  説明になってしまいました。(これは添削ではありません。)力不足でごめんなさい。

点数: 1

添削のお礼として、みそまめさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

揚ひばり落ちゆく崖の影のなか

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

湿気取る梅雨入り銀の腕飾り

作者名 孫春艶 回答数 : 1

投稿日時:

ひじきとる夫を見守れ春の月

作者名 ひじき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『断捨離も生き長らへて更衣』 作者: 宮武桜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ