俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

目で測る灼くる蛇口の溢れ水

作者 水玉麒麟  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

蛇口を上に向けて直のみする際、水の高さは絶妙な加減が必要。
低ければ唇が付いてしまうし、高ければ顔や服がびょぬれに。

最新の添削

「目で測る灼くる蛇口の溢れ水」の批評

回答者 04422

こんばんは!千日草と申します。
◆目測や灼くる蛇口のあふれ水
灼けるは広辞苑にもない俳句独特の使い方の灼くのようですね。
溢れ水は一つの言葉として捉えれば動詞から遠のくと思いますが敢えてあふれ水とひらがなにしました。やで切れを入れ目測を強調しました。
どうでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「目で測る灼くる蛇口の溢れ水」の批評

回答者 かぬまっこ

はじめまして✨かぬまっこと申します。
面白い句ですね。でも、動詞が多いかも…。
測る、灼ける、溢れる
動詞は少なくと俳句では言われています。
所で、季語は❔

指摘事項: 無季俳句

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏浅し手帖は駄句で埋まりけり

作者名 つちや郷里 回答数 : 5

投稿日時:

一人旅鉄路の脇の松葉菊

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

西日さす幹部会議の蜿蜿と

作者名 長谷機械児 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『目で測る灼くる蛇口の溢れ水』 作者: 水玉麒麟
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ