俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

泥落つや渡り廊下へつばくらめ

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

この句は夏井いつき先生選の「通販生活」で佳作の句です。
天、地、人、佳作
の4段階で評価されます。
正直「ああ、佳作ね」って感じです。
何かが、それ以上のランクに入るためには足りないのだと思います。
それは、何なのでしょう❔
ありきたりでない何か…。発見✨
季語と付かず離れずの言葉などなど…。
因みに「天」の句は

🔷しわくちゃな朝を延ばして燕くる   宙のふう

最新の添削

「泥落つや渡り廊下へつばくらめ」の批評

回答者 いなだはまち

鹿沼 湖様
ワカシ君一年生こと唯我独善です。コメントありがとうございます。サイトは時々眺めています。孤軍奮闘は言い過ぎでしょうか。(笑)きごさいの、恋俳句の入選確認致しました。おめでとうございます。🎉👍
俳句を始めた以上、人様から良い評価を受けたいという気持ちは自然なことと思っています。ですが、評価は人により、時代により移ろうものですので、自分が納得いく句との出逢いを青い鳥のように探し続けることでいいと考えてます。始めてもうじき1年になりますが、当アプリはメモリーであり、自身の成長の記録であると考えています。数名のコアな先輩方には大変お世話になり、今があると考えてます。今の状況、私が原因でしたら申し訳ないです(自意識過剰)が、引き続き「添削道場」を盛り上げてください。時々投稿しますので、批評をお願いします。
追伸、夏井先生は、オリジナリティを非常に意識されているので、物の見方、表現の斬新さで評価されるのではないかと考えます。私は、支持します。あくまでも、私の師は星野立子さんですが。そうそう、山本山もメモリーですね。では、👋

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「泥落つや渡り廊下へつばくらめ」の批評

回答者 耳目

こんばんは、耳目です。
かぬまっこさんはある程度の知識がある方という前提で書かせていただきます。
また、これは僕の持論ですので正しいという保証もありません。

俳句には一物仕立てと取り合わせ、一句一章と二句一章の組み合わせ4パターンで構成されます。そして、一物仕立ては一句一章、取り合わせは二句一章との相性が抜群にいい!はっきり言って、4パターンのうちこの2パターンだけを徹底した方が絶対に得です。
もう一つ付け加えると、一物仕立てと相性がいいのは吟行、題詠や机上俳句は取り合わせの方が有利です。

こちらのお句ですが、おそらく二句一章の一物仕立て、そして季語じゃない5音で切っているのも難しいことをやり過ぎているように思いました。
通販生活は題詠なので、取り合わせがやはり有利。
通販生活の「人」が俳句ポストの「人」くらいのレベルであるならば、季語で5音を作って切る。残り12音でオリジナリティー(おすすめは固有名詞、地名など)を作る。体言で止める。この3点を意識すれば大分変わると思います。

ただ、地選、天選を狙うなら一物仕立ても視野に入れないといけないかと思いますが、、

点数: 2

添削のお礼として、耳目さんの俳句の感想を書いてください >>

「泥落つや渡り廊下へつばくらめ」の批評

回答者 ともまる

はじめましてかまぬっこさん。
添削ありがとうございました。
はじめての投句だったので、とてもドキドキしました。
かまぬっこさんのこの句をよんで、私は学校の渡り廊下が目の前に現れました。
わたしにはとっても可愛い句だなと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、ともまるさんの俳句の感想を書いてください >>

「泥落つや渡り廊下へつばくらめ」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは。私も先日夏井先生のところへ初投句したところです。
しっかりと情景が浮かびますよ。さらに何の渡り廊下なのかな、と想像する楽しみもありましたし。類想が多いのかしら。

点数: 0

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

飛梅をぬけゆく風や絵馬ゆする

作者名 そうり 回答数 : 4

投稿日時:

蓮浮葉珠の転がる日照雨かな

作者名 鳥越暁 回答数 : 2

投稿日時:

空気入れしゆつしゆ春月ふくらみて

作者名 げばげば 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『泥落つや渡り廊下へつばくらめ』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ