俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

あをぞらへ背骨を正しチューリップ

作者 耳目  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

あえて無骨な単語を使ってみました。

最新の添削

あをぞらへ背骨を正しチューリップ

回答者 みそまめ

こんにちは耳目様 みそまめです😄朔太郎の句に ご指導ありがとうございました。筍は五月頃の季語というのは知っていましたが、俳句での季節の先取りは、遅れるより粋だと聞いたように思います。 いかがでしょうか?私の場合 全くの独学であまり自信はありませんが😅 実は 本歌取り についてもよく知らないのです。この添削道場で 皆様に教えていただく事ばかりです。それと朔太郎の竹になりたいと思っている真竹の子は、実は 私自身だということに 気づきました。  ⭐あをぞらへ背筋を伸ばしチューリップ⭐  ではいかがでしょうか?すみません😅

点数: 1

添削のお礼として、みそまめさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「あをぞらへ背骨を正しチューリップ」の批評

回答者 04422

耳目様ご指摘ありがとうございます。
◆深呼吸してゐる間も別れ霜とすると消えゆくが分からなくなって意味が伝わらないのではないでしょうか?
どう解釈すればよいか教えてください。
チューリップ本当にまっすぐに伸びますね。寒さで炬燵に潜り込んでいる場合ではありません。土・日園芸とやりましょうか?

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「あをぞらへ背骨を正しチューリップ」の批評

回答者 04422

耳目様ご質問に懇切丁寧な添削指導ありがとうございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。確かに霜は消えていくものですね。
洞察力のない自分が腹立たしくなりました。
ありがとうございました。良きアドバイスを受け取りました。

点数: 0

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「あをぞらへ背骨を正しチューリップ」の批評

回答者 04422

あおぞらが漢字なくてチューリップと妙にバランスが取れています。茎はチューリップの花の支えですので背骨で良いと思います。背骨がしゃんとしているので真っ直ぐに伸びるのですから…。

点数: 0

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

八月や伏して聴く真昼のラジオ

作者名 かぬまっこ 回答数 : 10

投稿日時:

空き家に辛夷が語るものがたり

作者名 善友 回答数 : 3

投稿日時:

水鳥の声のみぞ聞く名を知らず

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『あをぞらへ背骨を正しチューリップ』 作者: 耳目
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ