俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

里山に恋歌流す春の鳥

作者 紀州鰹節  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

宜しく御願いします。

最新の添削

「里山に恋歌流す春の鳥」の批評

回答者 04422

再度こんばんは!コメントありがとうございます。山また山に囲まれた小さな盆地。山桜で山を表現している事は分かっているのですが四方山です。それを知って欲しかったのですが野暮ったい句となりました。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「里山に恋歌流す春の鳥」の批評

回答者 鳥越暁

拙句「竹の秋・・・」へのコメントありがとうございます。
竹の秋の字面から、枯れるイメージを持たれたのですね。竹の秋を使った句はたくさんあり、単に季節を表したものが多いです。枯れた情景を詠んだ句は割と少ないんですよ。筍をストレートに言って固定するのを避けて想像して楽しんでいただくつもりでしたが、力不足だったようです。

揚句について
少々散文的かなと思います。かぬまっこさんの仰られるように切れを意識されるとどうなのでしょうか。 僭越ながら・・・・

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

コーヒーのミル引く音や五月来る

作者名 竜子 回答数 : 6

投稿日時:

寒き夜進めているの二十週

作者名 堀籠美雪 回答数 : 1

投稿日時:

母の日の花びらは白走り梅雨

作者名 マソップ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『里山に恋歌流す春の鳥』 作者: 紀州鰹節
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ