俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

忘られぬ一日のありて残花かな

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

桜🌸はまだなのに、もう残花です。
そんな気分なので詠んでみました。
忘れられない日々を…✨

最新の添削

「忘られぬ一日のありて残花かな」の批評

回答者 耳目

おはようございます。耳目です。
「忘られぬ」という活用を初めて知りました。勉強になりました。
お句ですが、中七で軽く切れていますので、「かな」より体言で止めた方がスッキリする気がしました。

忘られぬひと日のありて街残花

「残花なほ」なんてしても面白いかもですね。

点数: 1

添削のお礼として、耳目さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「忘られぬ一日のありて残花かな」の批評

回答者 素一

かぬまっこ様こんばんは!拙句にご丁寧なコメントありがとうございます。
◆山吹や枝垂れたわわに峡の里では駄目でしょうか?
山吹も白山吹がありますし、小判・大判の黄金色で詠んでみましたが我ながらも恥ずかしく思っています。ありがたく添削句お受けします。
揚句はまだまだ当地では硬い蕾ですのでコメント差し控えさせていただきます。

点数: 0

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝刊を手にそこかしこ秋めきぬ

作者名 こま爺 回答数 : 5

投稿日時:

寒雀人は醜し見るほどもなし

作者名 負乗 回答数 : 3

投稿日時:

大臣の顔触れ眺む神無月

作者名 なおじい 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『忘られぬ一日のありて残花かな』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ