俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

抱き上げる子猫タオルの重さのみ

作者 たけたけ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季語「子猫」

子猫も春の季語なんですね。
昔、友人の家で生まれたての子猫をお風呂に入れたときのことを思い出して詠みました。
喉ゴロゴロ…可愛かったので、「ごろ美」と名付けました🐱

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「抱き上げる子猫タオルの重さのみ」の批評

回答者 かこ

子猫の小ささが感じられ、良いですね。

「重さかな」の方がいいと思ったのですが、子猫自体がタオルの重さという誤解を生じる可能性もあるのでしょうか。多数決を取りたい感じです。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

バステトよ冬三日月に駆け去りて

作者名 大猫 回答数 : 1

投稿日時:

鶯やまだ正調にはほど遠し

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

海原を照らす初日と頬の紅

作者名 御伽草子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『抱き上げる子猫タオルの重さのみ』 作者: たけたけ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ