俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ていれぎの花の白きは無垢の白

作者 みそまめ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ていれぎの小さな白い花の清楚さに 惹かれて詠んだのですが、少し理屈ぽくなっているのかなと思います。それと白きは の使い方は、文法的には 大丈夫でしょうか?よろしくお願いいたします。

最新の添削

「ていれぎの花の白きは無垢の白」の批評

回答者 世良日守

こんばんは😃世良です!いつもありがとうございます😊
紫雲英の句にコメントありがとうございます!励みになります\(^o^)/
俳句ポスト365はいつも悩んで悩んで...投句しています😅今回のていれぎはかなり悩んだ部類です。
天地の作品観ていると...いつかはああいう句を読めればなぁと思います😆
個人的には中岡秀次さんや蟻馬次朗さん、きゅうもんさん、めいおう星さんの句が好きな感じです😆
みそまめさんの人選句、【はにかむやうに咲くていれぎを摘までおく】は下五がとても良かったと思います\(^o^)/微かな裏切りにやられました😆

点数: 1

添削のお礼として、世良日守さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ていれぎの花の白きは無垢の白」の批評

回答者 腹井壮

みそまめさん、こんばんわ。いつも御世話様です。

ていれぎの花を画像検索しましたがそれとはっきりわかる画像が出てきませんでした。よって句意に沿っているのかわかりませんが

バージンロードの花嫁ていれぎの花

原句のままではていれぎの花の説明になっている気がします。

参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「ていれぎの花の白きは無垢の白」の批評

回答者 腹井壮

まめみそさん、こんばんわ。俳句生活の人選おめでとうございます。自分の事のように嬉しいです。

弾き終えしピアノの余韻春浅し みそまめ

余韻から春浅しの流れるような語順が良かったですね。

春浅し腕の短き駆血帯 菊地洋勝

この句は菊地洋勝さんならではの句です。

自分は自由に外に出られるがあまり物事をよく見てない事に気が付かされます。

これからもみそまめさんの御活躍を期待いたします。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「ていれぎの花の白きは無垢の白」の批評

回答者 耳目

こんばんは、俳句ポスト人選おめでとうございます。

お句ですが、文法はあっていると思います。(絶対あっていると言い切れない僕の不甲斐なさ^^;)
連体形か終止形で悩まれたと思いますが、終止形「白し」ではやはり大きく切れてしまいますし、後ろには繋がりません。
連体形「白き」でも体言に繋がってないじゃん・・と、思いますが(僕も思いましたが)、「は」の前には色とか物とか体言が省略されていると取れるようです。

前述にかぬまっこさんが「~さ」にしたらという案がありましたが、形容詞に接尾詞「~さ」を付けると名詞扱いになるので、こちらも一つの正解案と思います

僕もこの手の活用は気にせず使っていたので、調べ直すいいきっかけになりました。
有意義な質問をありがとうございました。

無垢の白とはていれぎの花の白

添削案は重心を逆にしてみました。
ご参考いただけたら幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、耳目さんの俳句の感想を書いてください >>

「ていれぎの花の白きは無垢の白」の批評

回答者 耳目

コメントありがとうございました。返信のことは気にしないで全然大丈夫です。お身体大事にしてください。
俳句は入口はなだらかですが、知れば知るほど急峻になりますからね^^;

全山の・・の句は杉から離して「山笑う」に寄せる方向で考えています。
みそまめさんから「山笑う」でいただいたお句、こちらもいいですね。
スキー場のゴンドラでしょうか?白さで霞んでいたゴンドラの色が雪解けで周囲の花に先駆けて咲いたような鮮やかさがあります。山笑うが絶妙ですね。

点数: 1

添削のお礼として、耳目さんの俳句の感想を書いてください >>

「ていれぎの花の白きは無垢の白」の批評

回答者 腹井壮

みそまめさん、こんばんわ。いつも御世話様です。

NHKの句はどれもいい句ですね。特に

手術中の灯りの消えぬ聖夜かな

は好きな句です。外の浮かれた雰囲気とは正反対の張りつめた緊張感が上手く表現されています。

俳句はお体に障らない程度に楽しくボチボチやりましょう。来月からねんりんピック俳句交流大会の応募が始まると思います。知名度はあまり高くはありませんがその割に応募数も多く選者がなんと10名もいるビッグイベントです。みそまめさんも是非ご参加を。募集が始まりましたら告知しますのでお楽しみに。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

じやんけんぽんあいこでしよズコ夏氷

作者名 げばげば 回答数 : 7

投稿日時:

百段を登る社の泉かな

作者名 杉尾芭蕉 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

側溝に連なる蝉の骸かな

作者名 季詠 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ていれぎの花の白きは無垢の白』 作者: みそまめ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ