俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

作業着は干したままに卒業式

作者 北あかり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夜間に学んだ自分自身を詠みました。
仕事も学校も常に共にした作業着を
ハンガーにかけての卒業式。
青春の思い出ですね。
卒業を迎えたのは誰か
を表現するのに悩みました。
作業着は卒業式を迎えた生徒のものだと
伝わりますでしょうか。
作業着への愛着は語り尽くせないので
今回は諦めました笑

最新の添削

「作業着は干したままに卒業式」の批評

回答者 宮武桜子

申し訳ないですが、私もお父様の作業着かと思いました。

卒業の吾送り出す実習着

実習着だと読み手によって作業着だったり白衣だったりかなり画が変わりますね。
勝手な添削ですみません。

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「作業着は干したままに卒業式」の批評

回答者 腹井壮

北あかりさん、こんばんわ。いつも御世話様です。

私にはちゃんと伝わりましたよ。いい句だと思います。

作業着を干したるままや卒業式

この句の場合はっきりした切れがあったほうが取り合わせの良さが生きると思います。

「夜学」も季語ですから

作業着を干して夜学に向かひけり

というのもアリです。北あかりさんの実体験や想いでもっとバリエーションは広がりますよ。
参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

作業着は干したままに卒業式の批評

回答者 三日酔いの防人

北あかり様、おはようございます。夜学の卒業式の情景ですね。
私は捻くれ者であるのか、父親の作業服、父親目線の卒業式の様子に感じました。作業服への愛着がありますので『擦れ』や『ほつれ』という言葉選びも良いのではないかと感じました。
作業着はほつれしままに卒業す
とご提案致します。

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

七階の押しくら饅頭初袋

作者名 河内 五右衛門 回答数 : 3

投稿日時:

川またぎさそりは蛇に変わりたり

作者名 ウエス 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

表札に吾が名を三つ櫨紅葉

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『作業着は干したままに卒業式』 作者: 北あかり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ