俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

窓霜や兄は新聞配達へ

作者 北あかり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

新聞配達に行く兄を見つめる弟の光景を詠みました。
幼少期の思い出です。
夏は弟もついて行くことを許されても
寒さに泣き出す冬は、足手まといだと置いていかれます。

最新の添削

「窓霜や兄は新聞配達へ」の批評

回答者 ハオニー

「新聞配達」という長い言葉を大胆に配置しましたね
長い言葉を置くのは私には無理だと以前聞きましたが、そんなことはないと思っていた通りでした
これで確実に一度成功したので、何かつかめたと確信しました

そのあとの「へ」が効果的です
「へ」は方向を示す助詞なのですが、窓霜から遠ざかっていくお兄様が表現出来ていて、きちんと奥行きが描けています

「や」で切るか切らないかは悩むところですが...
「窓霜や」と強調することで、作者は窓のそばにいることが分かり、お兄様に何か事情があって置いていかれたことを「兄『は』」で暗示しているようで、これもありだなと感じました

どれか一つでも言葉をチェンジしたら、伝えたかったことが変わってしまうでしょう
ですから、こちらの一句は作品として成立しています

点数: 3

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「窓霜や兄は新聞配達へ」の批評

回答者 和光

北あかりさん。おはようございます。和光です🌅いつもコメントありがとうございます🍀ネットが普及してる現代に新聞配達は朝の風景で無くなりつつ有りますね。弟は兄の真似をしたがるものです。学生か家計の為か分かりませんが心意気には感服いたします☺ちなみに私も日本蕎麦ですね~☆

点数: 3

添削のお礼として、和光さんの俳句の感想を書いてください >>

「窓霜や兄は新聞配達へ」の批評

回答者 世良日守

北あかり様
おはようございます😃世良です!いつもお世話になっております。
春の雲の句のコメントありがとうございました。
掲句は良い景かと思います😆
◯窓霜や新聞配る兄の指

点数: 2

添削のお礼として、世良日守さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨夕焼け血浴ぶ桜のエンブレム

作者名 つちや郷里 回答数 : 4

投稿日時:

青白きライト妖しき雨夜の花

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

鳥の巣をいじるな鴻巣の駅長

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『窓霜や兄は新聞配達へ』 作者: 北あかり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ