俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鞦韆に乗る子の一人二人増え

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

春の訪れは、小さな気づきから。
と、らしからぬ句で相済みませぬ。句のリズムもスイングした感じで。🙇

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

鞦韆に乗る子の一人二人増えの批評

回答者 三日酔いの防人

唯我独善様、おはようございます。整っている句だと思います。その分類句も多いのかと。
ただ、中七『乗る』は推敲の余地があるのでしょう。『列』などとしても良いと思いました。ちなみにブランコは冬でも大人気の遊具ですので悪しからず。

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

「鞦韆に乗る子の一人二人増え」の批評

回答者 腹井壮

唯我独善さん、おはようございます。いつも御世話様です。

この句の場合には上五に切れが無いのに下五を連用形で流しており俳句では好まれないパターンですね。

鞦韆に揺るる子一人また一人

がイメージに近いのではないでしょうか。
参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「鞦韆に乗る子の一人二人増え」の批評

回答者 吉田一音

唯我独善様、 いつも添削をいただきまして有り難うございます。

「読書して」の句にて、「読書」を違う表現で考えておりましたが、読書が頭から放れませんでした。 更に言葉を探したいと思います。

さて「鞦韆に」の句は良いと思います。 「乗る子一人二人」 から公園のブランコ 2台の周りに囲む様に集まる様子を見ました。 ブランコを懐かしく思う 今般に 乗る子が集まるは珍しいと感じます。 一音

点数: 1

添削のお礼として、吉田一音さんの俳句の感想を書いてください >>

「鞦韆に乗る子の一人二人増え」の批評

回答者 北あかり

唯我独善さん
こんばんは、北あかりです。
添削ありがとうございました。
「ちりこ」いいですね!
私は「そりすべり」の句をこねくり回している最中、坂下さんちのお母さんにソリが向かいかけました・・・。
「坂下の母へ・・・」(恥)
鞦韆の句、勉強になります。
ブランコのことを、鞦韆と呼ぶなんて
全く知りませんでした。
私の住む街では、冬はブランコは姿を消します。
鎖は秋の終わりに外される、
支柱は雪に埋まります。

点数: 1

添削のお礼として、北あかりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蒼天の見下ろす海の狭さかな

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

風薫る三振ショーのストレート

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 2

投稿日時:

野菜切り刻むにほひの菜種梅雨

作者名 文室七星 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鞦韆に乗る子の一人二人増え』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ