俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

百年の梁の黒さや朴の花

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

テレビで見ました。太い梁が煤で黒くなっていました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「百年の梁の黒さや朴の花」の批評

回答者 どきこ

句の評価:
★★★★★

竜子様、こんにちは😊お世話になります。

添削していただきありがとうございます。

友人の子はたくさん練習しているようです。
マウスピースだけ?の時もあるみたいです。
いつかオーケストラで演奏したいと意気込んでました😊

添削句は勉強になります。

ホルンはきっと重いですよね。写生を頑張りたいと思います。

御句は佳いと思います。

白川郷の景を想像しました。
梁が古くて丈夫な感じがします。

季語も合っていると思います。
朴の花の木は家具に使われているのですね。勉強になります。

体調不良で波もあって時々の参加になりますが、またよろしくお願いします😊

点数: 1

添削のお礼として、どきこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

生鮮の不気味に光るトマトかな

作者名 晴峯旬草 回答数 : 2

投稿日時:

満月や人の心に欠けしもの見せ

作者名 おかえさき 回答数 : 2

投稿日時:

風薫るやらせ疑惑に裏営業

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『百年の梁の黒さや朴の花』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ