俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

開店待つちいさき母の懐手

作者 ハオニー  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

仙台初売のとある列に並びながら、初売で一句出来ないかと思案していました

私の後ろに並んでいた親子連れを見たことを思い出しての一句です
季語「初売」を諦めるだけの価値があると気づいたのは、初売から5日経った今です

不安なところは「ちいさき」です
このワンフレーズの是非だけは、未だに答えが出ていません

最新の添削

「開店待つちいさき母の懐手」の批評

回答者 腹井壮

ハオニーさん、おはようございます。いつも御世話様です。
さすがのハオニーさんも「初売り」の句はハードルが高かったようですね。私も新年の季語でいくつか詠んでみましたが詠もうと思って力めば力む程詠めませんでした。先人の句もイマイチパッとした句も見当たらず。新年早々、私の力不足を思い知らされました。

さて、掲句です。確かに「初売り」を諦めた甲斐があると思います。
また、読者からして作者の「母」であっても不都合はないと思います。また、「ちいさき」も母親の身長を追い越した息子の視線と考えるのが自然と思います。
少々気になったのは「開店待つ」が詰まった感じがする事。どうせ字余りなら助詞を入れて「開店を待つ」では如何でしょうか。それと「ちいさき」が母親の体型や身長ではなく、外側から見えない手の事を指していると思う読者が居そうな事ですね。

参考になれば幸いです。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「開店待つちいさき母の懐手」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。
いつも添削ありがとうございます。✌🙇
パチンコの開店を待っている婆さんを何故か想像してしまいました。句力不足お許しください。🙇
上五中七が、間延びした感じです。ちいさきを「ちさき母」にして、上五を見直すことをおすすめします。
あっ!言ってしまった!!🙇🙇🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「開店待つちいさき母の懐手」の批評

回答者 塩豆

いつもお世話になります。
私はいったんコメントを見てから俳句を深く考えてみたのですが、これは素晴らしいと一瞬感じました。しかしよくよく考えてみれば唯我独善様の仰ることもごもっともだと思いました。
ここでの「母」は作者にとっての「母」なのではないかと、多くの読み手は思ってしまう筈です。この「母」が開店待ちの親子の母であることをもっと分かりやすく伝える工夫があれば良かったのではないでしょうか。

「ちいさき」という言葉は個人的に良いと感じました。物理的な小ささの他にもいろいろな意味を含んでいるかもしれないと思いました。
また、これは「母」が「親子の母」を示すことがはっきりとわかっている前提の話ですが、何の開店かを敢えて言わなかったのも良いと思いました。何か神秘的な印象を受けました。「初市」の季語を使うことを諦める価値は私もあると思います!

点数: 0

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

有線のスローなジャズや春の雨

作者名 竜子 回答数 : 5

投稿日時:

昼顔や学びの多き俳句道

作者名 シゲ 回答数 : 0

投稿日時:

夜涼みや微かに遠く囃子の音

作者名 気まぐれ亭いるか 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『開店待つちいさき母の懐手』 作者: ハオニー
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ