俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蜂の色青梅特快誰刺すや

作者 みつかづ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

蜂のお題、私には難し過ぎます。どう詠めばいいのかサッパリ分かりません(^_^;)
皆さんの句を鑑賞して勉強したいと思います。

※1 この句末の「や」は詠嘆ではなく、終助詞「や」の反語用法です。

句意:(あしなが蜂やオオスズメバチの色の)橙色は青梅特快(※2 中央線の快速電車や大阪環状線の橙色なら何でもいいです)の橙色の帯の色と似ているけど、電車は誰かを刺したりするだろうか。いや、誰をも刺さない(それ位、私は蜂が怖い(子供の頃に何もしてないのに刺された事が何度もあるので))

用いられている技法:
対比(蜂は物理的に小さい、電車は物理的に大きい)

最新の添削

「蜂の色青梅特快誰刺すや」の批評

回答者 めい

みつかづ様。私は、電車はわかりません。
しかし、この句はら電車の色と蜂をなぞらえているのだとすぐわかりました。
人身事故を私は、想像しました。
電車が刺すなら、こういうことでしょう。
実際、私も電車に飛び込んだら、、と考えたことがあります。
私の同級生の電車オタクが、新幹線の運転士で、實際、そういう場面に出くわしたそうです。
その話しを聞いて、やっぱり、やめようと、思いました。俳句の内容以外のこと、だらだら、すみません。なんだか、心が、ふわふわしています。
甥っ子のことが、アタマから離れないんです。
まだ、39です。ドラゴンボールが、大好きな子で、いつも、私に絵を描いてくれと。
私が、ダメって言うとギャン泣き。
すみません。批評に、なってないですね。
😖🙇

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蜂の色青梅特快誰刺すや」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

みつかづさんこんにちは。
迷ひ蜂の句、鑑賞いただきありがとうございました。
この句は、今まさにスズメバチを叩き殺そうとハエ叩きを振りかぶっている作者が詠みました。この直後、蜂はぺしゃんこです。蜂にとっては晴天の霹靂だったかも。
貴句、蜂の色と電車の色。分かります。分かります。
また、蜂は刺すけども電車は刺すことはない。こんなに小さいのに蜂は怖いんだよ。
それも分かりました。
小さな蜂と対比するのに電車を持って来たのは面白いですね。
しかし、青梅特快はやはり縮め過ぎで分かりにくいです。
句意をそのままにするなら、

蜂小さき(ちさき)黄色の電車誰刺すや

でどうですか?
少し改作になるかとは思いますが、

小さき蜂快速電車より怖し

少し大袈裟に、

小さき蜂避雷針より太き針

またよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

コンビニの出汁の香消ゆる春寒し

作者名 そうり 回答数 : 4

投稿日時:

吾子のまた病得しこと夏の草

作者名 知世 回答数 : 5

投稿日時:

乗り遅れ古書店に入る春の宵

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蜂の色青梅特快誰刺すや』 作者: みつかづ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ