俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

清姫の鹹き恋さくら餅

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

家藤正人の俳句道場、始まって早々に没。

「ギュッ!と四国」への投句では「夏井いつきの俳句道場」の頃より、ヘンテコ・珍妙な投句(駄洒落だったり、カタカナを多用したり、コメント欄にショートショート並みの背景解説を書いてみたり…)を続けていたところ。今回は、桜餅(「道明寺」)から安珍清姫伝説を連想するという、初っ端から誤った連想(安珍清姫伝説は「道成寺」)で浮かんだフレーズを、誤りと意識しながら投句してみたもの。「清姫」を別の語に変えずに句に残すあたりは、間違いをわざわざ触れ回っている感じ。

安珍清姫伝説そのものがどの時季の話なのかは知らないけれど、歌舞伎舞踊演目「娘道成寺」などをイメージすると、桜の季感の事物に取り合わせるというのは不自然ではないと思う。

今日締切りの「鮎」は未投句の状態。
私には縁遠い季語(小学生時分の林間学校以来口にしたことがないと思う)なのに別の箇所でも兼題だったりして、今回は投句しないままかなあ。あるいは「俳句道場」自体がもういいかなあ…とも(毎月二十日頃を締切りとする投句先が多く、今までもどれか止めようと考えていたのではある)。

最新の添削

「清姫の鹹き恋さくら餅」の批評

回答者 イサク

こんにちは。

〆切集中問題。私は俳句道場は他の〆切の少ない月初めの週末に出してしまっています。かなり気楽に出してますね

御句
◆「清姫の鹹き恋」の措辞に、安珍清姫伝説の説明っぽさがありますね。
◆「桜餅」の塩漬けの葉の部分は桜餅の特徴のひとつなので、「鹹き」という措辞と近く、桜餅が「鹹き」の説明に使われている感があります。
◆「鹹き恋」という言い回しが、長谷様の感想の域を出ていないかも。

ということで、中七にある「鹹き」が全体的に他の部分へ悪影響を出しているような気がします。

季語「桜餅」は目の前にある(食べている、買っている)として使わざるをえないので、清姫伝説をどう「思い起こしている(本を読んでる?舞台を見ている?)」のか、かなあ・・?

・清姫やああ桜餅しほからし

思ったより悪くない句になったような?

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「清姫の鹹き恋さくら餅」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

機械児様。お気持ちお察しいたします。
私自身、凄く足掻いています。
御句、季語は桜餅でいいんですね?
蛇となって、安珍に会いに行く清姫と桜餅がどう響きあうのかが、疑問なところでもあります。
私自身、やっすいやっすい、作句をしてしまっています。
この、スランプから、どう、抜け出せば?
🙇

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「清姫の鹹き恋さくら餅」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

長谷さんこんにちは。
いつも勉強させて頂きます。
貴句、上5については作者ご自身が失敗とされているので、失敗でしたね。
しかし、「しおはゆき恋」と「桜餅」の取合せは絶品だと思いました。
桜餅は地域によって呼び方が幾つかありますね。
作者が道成寺から連想された「道明寺」は関西風で、粒々とした食感と桜の葉の塩気がポイントであり、「桜餅」はもちもちとした感じで甘さ控え目です。また、関東では「長命寺」とも言うそうです。
やや改作になりますが、

切なくもしよつぱき恋や桜餅

情緒が無くなりましたね。
「しおはゆき」が難し過ぎて。
すみません。
失礼しました。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

復興を支える重機能登の春

作者名 竜子 回答数 : 8

投稿日時:

年立ちて今を生きよと花が言い

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

木々の色映す湖沼へ落葉風

作者名 かぬまっこ 回答数 : 34

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『清姫の鹹き恋さくら餅』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ