俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

遠山に生きるも死ぬも花吹雪

作者 ケント  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

遠山は、遠山金四郎ではありませんよ。
遠山=遠き山=人生の目的地。
すごく真面目に詠みました。

最新の添削

「遠山に生きるも死ぬも花吹雪」の批評

回答者 みつかづ

こんにちは。貴句、拝読しました。

「きっと自然の事をお詠みでしょうね」と思う一方、「生きるも死ぬも花吹雪」ですので、「この遠山は金さん(松方弘樹)かもしれない」と読めてしまうのが勿体無い気は致します(「若造のくせに何で金さん知っとんねん? お前、当時小学生やろ!」とツッコミありそうですが)。

負乗さん、めいさんの案に一票。

次に、拙句「蜂の色青梅特快誰刺すや」へのコメント、ありがとうございました。
https://weblike-tennsaku.ssl-lolipop.jp/haiku/corrections/view/25062

流石はケントさん。この三段切れは流石に拙いですね。これは反省(^_^;)
添削上手過ぎます。勉強になりました。

・小さき蜂避雷針より太き針
↑コレ、味良過ぎです。

今後とも、よろしくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、みつかづさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「遠山に生きるも死ぬも花吹雪」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

ケントさん、おはようございます🙂
いつもお世話になります。コメント嬉しいです。
拙句の「捌けて白き」を、"花の形"として読んでくれたのが、意外でした。確かに、四枚に開いたような花弁ですね…😉

「遠山に」と来ると、やはり"金さん"と脳裏に浮かんで来ますね…(笑)
どこから、誰から見て、"遠山"なのか、はっきりしませんね。世間から、街中から…ですかね…

「遠き山」と、切った方が良いかなと思いました。

「遠き山生きるも死ぬも花吹雪」

中八、下五は、かなり類想的な気がしますが、悪い調べではないですね…

しかし、読み返してみると、「遠山に」は、やはり、金さん…ですね? (笑)
「花吹雪」ですし…

宜しくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「遠山に生きるも死ぬも花吹雪」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

ケント様。コメントありがとうございます。
とりあえず、遠山は、やめておきましょう。
須弥山にしましょう。

▪須弥山に生きるも死ぬも花吹雪

🙇

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

新妻を得しと言ふ友花蘇芳

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

しばらくは風鈴はづし七回忌

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

開催の筒音パンと運動会

作者名 水谷 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『遠山に生きるも死ぬも花吹雪』 作者: ケント
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ