俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春潮や曳いてゆくもの残すもの

作者 あらちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

潮を見て。

最新の添削

「春潮や曳いてゆくもの残すもの」の批評

回答者 負乗

あらちゃんさん、こんばんは🙂
お世話になります。コメントありがとうございます😉

御句、出たときから気になっておりました。
美しい、と思います。調べが良くて、読んで気持ちがいいです。
「残すもの」が、すっと目に浮かんで来ました。洗われた渚も美しいですね…

"このまま頂きます!"ですが、「や」切れではなく、

「春潮の曳いてゆくもの残すもの」

としたら、その違いは、どうでしょうか…
潮の満ち引きとすると、"切れ"がない方が、良いようにも思えました…。
しかし、好きな句ですね😉

また宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春潮や曳いてゆくもの残すもの」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様 こんにちは
お世話なります。
御句
潮の満ち引きを詠まれたんですね。
その様子を観察された佳い俳句と思いました。
上五はやはり切った方が良いでしょうか?
初心者にはなかなか難しいです。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「春潮や曳いてゆくもの残すもの」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

俳句のテクニックの話しに終始するのは申し訳ない気がしますがお許しを。

さて、俳句は自動詞が良いのか他動詞が良いのか。

御句は、潮流が主語で他動詞を使っており、砂浜あるい舟のような浮かんでいるものを押し流す情景が浮かび、いささか荒々しい印象を受けます。

仮に自動詞を使うとどうなるか、自動詞としては引いて行くもの残るものという言い回しになり、潮の動き自体の情景を詠んだ少し落ち着いた句になるかと思います。

”春潮や引いてゆくもの残るもの

ご参考迄に。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「春潮や曳いてゆくもの残すもの」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様 こんばんは
お世話になります
拙句の初蝶のコメントありがとうございます。
蝶との取り合わせをご理解いただきありがとうございます。
花と蝶、子供と母を連想して詠んでみました。
ご提案もありがとうございます。

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

何時出たか忘れた旅よ花野行く

作者名 ダック 回答数 : 1

投稿日時:

株分けすサンスベリアの鉢溢れ

作者名 04422 回答数 : 1

投稿日時:

まつり掛け一針残し虎が雨

作者名 藤井茂 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春潮や曳いてゆくもの残すもの』 作者: あらちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ