俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

佐保姫や恥じらう君に花飾り

作者 苧麻  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

桜が一房咲いていていました。
本当は簪のほうがしっくりくると思ったのですが、語彙力がなく、花飾りとしました。
よろしくお願いいたします。

最新の添削

「佐保姫や恥じらう君に花飾り」の批評

回答者 あらちゃん

苧麻様おはようございます。
拙句『春の空』にコメント下さりありがとうございます。
ゴーギャン、さすが鋭いですね!
的を射てますよ。
いつもありがとうございます。
御句ですが、佐保姫を使いたい場合、やはり下五を変えないといけませんね。フェルメールじゃないですが『耳飾り』や『首飾り』など季語と関係のないものをチョイスすればよろしいかと思います。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「佐保姫や恥じらう君に花飾り」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「佐保姫」難しい季語ですね!
この季語は春を女神として擬人化した季語で、「映像が薄い」「擬人化されている」「女神の雄大さ」などの点で難しい季語だと思っています。

御句
◆句中の「君」の受け取り方が難しいです。
 コメントからは佐保姫のことを言っているのだと思いますが、本来は姿のない女神である佐保姫。「恥じらう」と断定するのはなかなか難しいです。また、短詩文芸で「君」と言えば恋人や片思いの相手のことを指しますので、作者は佐保姫に恋しているということになりそうですが、先ほども書いたように佐保姫は姿のない春の女神。ギリシア神話などの人の形をした神と異なりますので・・・
 この句の場合、この場に恋人がいる、という読みの方が素直に受け取れます。
◆下五「花飾り」
 「花飾る」の連用形にも、「花飾り」という名詞にも受け取れて、読みに迷います。「受け手に委ねる」のと「受け手を迷わせる」のとは違いますので、わかるようにした方がよいと思いました。
◆「佐保姫」と「花」の季重なり
 この花は「桜」のこととコメントでおっしゃっています。とすれば真っ向から季重なりをしています。句の形からは「佐保姫」が主たる季語という意図を汲み取りますが、映像のない「佐保姫」と映像のある「花」。かなり厳しいと感じます

どこかから持ってきた「佐保姫」よりも、実景である「桜一房」を生かして映像化することをお勧めします。句意は変わりますが、とりあえず恋人と一緒にいることにしてみます。

・簪としてこの桜贈りたし
・恥じらっている君と見る桜かな

季語「佐保姫」にこだわるならば、目に見えない季語なので一物は極めて難しいと思いますし、同じ句の中に「桜・花」を出すのも極めて難しいと思います。

難しい季語だと知ってチャレンジするならば大歓迎です!
また挑戦してみてください!

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋ともし吾もぼやりとし手酌酒

作者名 卯筒 回答数 : 3

投稿日時:

夕焼けや黄金の日々波光り

作者名 西風子 回答数 : 4

投稿日時:

野の草を撫でて照り映ゆ花薄

作者名 三男 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『佐保姫や恥じらう君に花飾り』 作者: 苧麻
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ