俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

吟行や詠む句儚き春の塵

作者 あらちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

吟行で詠む句は儚い。

最新の添削

「吟行や詠む句儚き春の塵」の批評

回答者 竜子

あらちゃん様 おはようございます。
お世話になります。
拙句の知らないとのコメントありがとうございます。
まさしく政倫審の事です。さすがに あらちゃん様ですね。
ありがとうございます。
御句
私は吟行にはまだ行ったことありませんが、楽しいのでしょうね。
そんな高揚した気分で俳句を詠みとその時は佳いと思って冷静になるとそれほどでない。
上五をやで切った方がその気持ちが十分に表現できると私は思いました。
これからもご指導よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「吟行や詠む句儚き春の塵」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様 おはようございます。
お世話になります。
御句
儚きと春の塵が響き合っています。
このままいただきます。

点数: 2

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「吟行や詠む句儚き春の塵」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

やの位置が気になります。というか句の組み立て方が、やや不自然ではないかなとの印象です。この句は、季語の春の塵と、吟行で詠んだ句が儚いの二つの部分からなるのでしょうね。ということであれば、
"吟行の句の儚きや春の塵

くどくなりましたが、参考にしていただければ幸いです。

点数: 2

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「吟行や詠む句儚き春の塵」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

あらちゃんさん、こんにちは。
御句拝読しました。
吟行はいい企画で、俳句作りには欠かせないものだとは思いますが、その時は感動しても、刺激の強い都会に戻ってから読み返したり推敲しようとすると、なんだかあれは遠い昔の異国の出来事だったような・・・。そんなことってありますよね。
私はそんなことを思い浮かべました。「吟行に」なんかもあるかな?
でもこのままでいいです!

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「吟行や詠む句儚き春の塵」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様こんにちは。
いつもありがとうございます。
私は吟行で詠む句が儚いとは思いません。
あらちゃん様が何故吟行句を儚いとされたのかが分かりません。
先句では師と仰ぐ茅舎と旅をされたではありませんか。
もしかして、それが夢だったから儚いとされたのかなぁ。
吟行は写生の絶好の機会。
「一物を句が浮かぶまで見詰めなさい」が、我が師の口癖です。

吟行や見詰む伽藍の春の塵

またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

還暦の鬱寒し寒し淋し嗚呼

作者名 めでかや 回答数 : 4

投稿日時:

香りきて歩き止めさす枝垂梅

作者名 竜子 回答数 : 4

投稿日時:

マイクテストは猫の鳴きまね夏の朝

作者名 鳥田政宗 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『吟行や詠む句儚き春の塵』 作者: あらちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ