俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

サヨウナラまるちゃんあたしゃ寂しいよ

作者 めい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

TARAKOさんを偲んで

最新の添削

「サヨウナラまるちゃんあたしゃ寂しいよ」の批評

回答者 おかえさき

こんにちは、お世話になります。
まる子情報ありがとうございます、また私の胃カメラの件覚えていて下さり嬉しいです😅2カ月も胃の調子悪く、4㎏も痩せました!
去年飲んで無かったので…意を決して一昨日飲みました、一応異常無しでほっとしたら、昨日から戻りました😵もっと早く飲めば良かったです。
その時の句を投句しようとしたら…
TARAKOさんの訃報で…咄嗟に浮かびました!
今度は来月の脳動脈瘤の検査です😓
またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「サヨウナラまるちゃんあたしゃ寂しいよ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。
春うらら議論が起きているようで、こういう議論も道場ならでは、いいですよね。
自他ともに春うららを許容するというならそれもスタンスですし、季重なりだというのもスタンスです。結論からいうとどちらの意見もあると思います。まちがいとかではなくて。
春うらら、はニュースや新聞などで出てきて広がった俗っぽい言葉で季語としてはうらら、が正しい!という意見や、それが通例として俳句で詠まれだしてるのだからいいじゃないか、いずれ歳時期にも載るだろう、季語も長い時を経て変わるものだし!という意見もあると思います。
こういうときこそ調べたり勉強したりするチャンスだとわたしはいつも捉えます。
ホームページかイサクさんか、という二択は危険です。ホームページは誰が書いてるかわからない記事ですから筆者がプロかアマかもわかりませんしいろんな季語を作り出しているサイトもいっぱいありますし、一方イサクさんだって今勉強の身で、いろいろ学びながらここにもコメントを残されてるので、絶対視されすぎるとコメントを間違えられない!たいへん過ぎるとなって再びサイトから足が遠くなりかねません。

こういうときこそ歳時記をたくさん読んでみるのをおすすめします。歳時記はこれまでの俳句界の蓄積です。そこで季語がどう捉えられているのか、を自分で感じていくというチャンスだと思います。ちなみに角川歳時記はこうで、講談社はこうで、主婦の友ではこうで、と歳時記によって違うこともあるので、それも議論になっておもしろいです。
最近まさにイサクさんその仲間たちと、苗床の苗というのは稲の苗なのか、稲以外の苗なのか?という議論をほかの場所でしたばかりでした。めちゃ楽しかったです。
季語深耕というのは計り知れなくてたのしいです。初学でそこまでやれないやりたくない誰か教えて!というスタンスもありますが、俳句がさらに楽しくなるチャンスでもあります。

ちなみに、私のスタンスは、うららで季語なのだから春は重複。うららとうららけし、うらうら、これもニュアンスが違うので、五音余ったから、うららけしとするかはその句にうららけしが合うかを悩んで決めます。
とくに、春うらら、の春が重複なら、春を省けるので、二音あればまだまだ映像をうむこともできます。
街うらら、とか湖うらら、とか、二音の可能性が生まれるのだから、春を省略するべきというのはそういう意味で考えています。

これもわたしの一意見。いろんなひとの意見を聞いて、でも自分で調べてですね!

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「サヨウナラまるちゃんあたしゃ寂しいよ」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

めいさんこんばんは。
拙句、薄氷句にコメントありがとうございました。
生命の水と捉えていただき
ありがとうございます。
貴句、大事な人が次々と旅立たれて淋しいです。
こんな風に詠みましたが、
気に入って頂けますかね?

楽しくてまた遠足に出た「まるこ」

季語「遠足」です。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「サヨウナラまるちゃんあたしゃ寂しいよ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

いえとんでもないです。
わたしの意見もただ一意見。ほかの意見もいっぱいあって、それも間違い正解という見方ではないと思います。ぜひぜひいろいろ調べてみてくださいね。
俳句季語もそれぐらいドップリいく価値があると私は思っています。沼にズブズブハマって抜けれません🤣

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「サヨウナラまるちゃんあたしゃ寂しいよ」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

めいさんこんにちは。
鳥雲に句にコメントありがとうございました。
「たらこ」さんへの句を詠んでみました。

凧揚げし楽園までも越えてゆけ

「た」こあげし「ら」くえんまでも「こ」えてゆけ

よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「サヨウナラまるちゃんあたしゃ寂しいよ」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

めい様こんにちは。
春うららの件ですが、好き嫌いの問題なのだと言っているHPがあります。

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/03/post-c235.html

私は好きな方ですので問題ないというスタンスです。
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「サヨウナラまるちゃんあたしゃ寂しいよ」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

めい様こんにちは。
追伸のページを一部抜粋しました。

春の季語「春うらら」の意味や語源、使い方を解説します!
春の心地よい日差しとその瞬間を切り取る「春うらら」という季語。
この記事では、春を象徴するこの季語の意味や背景を探ります。
日本の誌的な季節感を伝える「春うらら」を通じて、春の息吹を感じ、言葉の持つ力を再発見する旅を始めましょう。

春うららを象徴する俳句

「春うららや花の影に鳥の声」
「春うららの日差しの中で緑深し」
「春うららの道を歩けば花の香」

以上です。他にも秋うらら、冬うららがあります。
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夕凪や町に漂う波の黙

作者名 せんだん 回答数 : 1

投稿日時:

いざよひや盆地照らしてナイターか

作者名 04422 回答数 : 2

投稿日時:

五月闇多少の嘘は誰もつき

作者名 藤井茂 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『サヨウナラまるちゃんあたしゃ寂しいよ』 作者: めい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ