俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

地震止んで顔見合はせる雛かな

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「ギュッと!四国」俳句道場の没句ではなく、もっと以前の、NHK俳句 兼題「雛」の没句。

「女の子」のいない家庭しか知らないから、「雛」「雛祭」に対して私が持っているイメージは極めて貧相。しかし、「雛」「雛祭」という兼題募集の多いこと…。

この句は「雛祭」→「三月」→「地震」(2001年芸予、2011年東日本)の連想と、2001年芸予地震のときに実家にあった「姫だるま」から(雛人形が顔を見合わせたりすることがあるのかどうかは、実のところよく知らない)。

なおじいさんの「知らぬ間に」句に似てるなあとか思いながら投稿。

今日結果発表された俳句道場のほうは、雛の間に居場所を失うのは男連中だけじゃないぞ、と、モノが追い出される句。雛祭だから、部屋の外に出される…因果関係がはっきりしている所が難あり。
(俳句道場は次回から家藤正人さんのコーナーになるそう。複数ある夏井いつき選のネット投句先のひとつということで、没と佳作の境目を狙う投句という個人的な縛りを入れていたのだけど、次からどうするかなあ)

最新の添削

「地震止んで顔見合はせる雛かな」の批評

回答者 ケント

長谷キカイダーさんこんにちは
初めましてよろしくお願いします。
お名前は他のサイトでもお見掛けしております。
花冷え句にコメントありがとうございました。
この句は中7に悩みました。
ご提案、参考にさせて頂きます。
貴句、地震止んでが説明っぽいので、

雛たち顔見合せし地震の夜

とさせて頂きましたが如何がでしょうか?
またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「地震止んで顔見合はせる雛かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

なゐと雛。雛の世界にもある地震、そして地震の世に雛を飾る家の平生。俳味もあって佳き句だと思います!星野先生回だったと思いますが、他の先生でいただかれてた句ではないかと思うくらい。

正人先生に変わりますね!それはそれでたのしみです。長谷さんの狙ったギュっと道場の句もいつもたのしみにしてました😆

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「地震止んで顔見合はせる雛かな」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

はじめまして。

動詞二つが説明臭くしているようですね。雛も直接は地震ではなく揺れに反応ですかね。
「突然の揺れに雛たち顰め面」

ご参考迄に。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「地震止んで顔見合はせる雛かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

長谷機械児さん、こんにちは。
ギュッと四国道場の佳作入選、おめでとうございます!因果云々というより、私はああいう句、好きです。身につまされるような句(笑)。

さて御句拝読しました。
確かに、拙句に似ているとは思いました。でも長谷さんは地震という具体的な原因らしきものを出していらっしゃいますよね。拙句はそれを出しておらず、ぼんやりしているところが違いでしょうか。

地震で「なゐ」とは、難しい読みですよね。上五は「地震止みて」とかになさらなかったのですか?

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

語らいの窓を灯すや月明かり

作者名 コウ 回答数 : 5

投稿日時:

囀りや谺は還る子等の声

作者名 竜子 回答数 : 3

投稿日時:

人増えてまた人減って夏休み

作者名 むっちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『地震止んで顔見合はせる雛かな』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ