俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

菜の花のかなた煌く知多の海

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

遠くに伊勢湾が。

最新の添削

「菜の花のかなた煌く知多の海」の批評

回答者 翔子

久田しげき様
知多の海、画像で見ましたが、9月まではイルカとの触れ合いも出来たのですね、宜しいですね、私も孫と行ってみたいなあと思いました。保母さんのお手伝いの仕事にもその為につきたいと思いましたが、心理カウンセラーの勉強をして、孫に少しでも前向きに楽しく関われたらなあという思いも有ります。やりたい事がたくさん有り、なかなか全部は出来そうにありません。でも徐々にでいいので、少しづつ理想の人になれたら嬉しいです。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

古茶飲みて安否を問うて既読待ち

作者名 本吉淑子 回答数 : 6

投稿日時:

秋の空丘を彩る裾模様

作者名 負乗 回答数 : 6

投稿日時:

バスロールサイン回りて春の果

作者名 げばげば 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『菜の花のかなた煌く知多の海』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ