俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

二風谷の半纏羽織る薫風裡

作者 あらちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

二風谷(にぶたに)はアイヌの方々が多く住まわれる字です。

最新の添削

「二風谷の半纏羽織る薫風裡」の批評

回答者 ケント

あらちゃん様再訪します。
冬羽織を季語とするところもありますが、角川にはありません。また、その傍題に半纏もあるようです。
私はですが、そもそも傍題は季語としてあまり気にしないようにしています。(異論はあろうかと思いますが)
貴句については、季重なり感はしませんでした。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「二風谷の半纏羽織る薫風裡」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様 再訪です。
葱のコメントありがとうございます。
ご提案もありがとうございます。勉強になります。
御句
ご説明分かりました。
良い句と思います。
これからもご指導よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「二風谷の半纏羽織る薫風裡」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様こんにちは。
いつもありがとうございます。
あの独特の模様の民俗衣装。
その半纏を羽織り、薫風のなかに立つひとりを想像しました。
作者ではないが、おそらく作者自身も同じ半纏を羽織った気持ちでいるのではないかと思いました。季語薫風と相まって、さわやかないい句と思います。
羽織るは無くても伝わりますね。

二風谷の半纏かろし風薫る

あの半纏模様には、人間の生きた証、生きる意味のようなものを感じますね。
またよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「二風谷の半纏羽織る薫風裡」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様 おはようございます。
お世話になります。
御句
季語は半纏ですか?薫風裡の意味は
アイヌの方が着ておられる衣装をイメージされたのか?
初心者がよくわかりませんでした。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

西日の海オレンジジュースみたいだね

作者名 いくたドロップ 回答数 : 1

投稿日時:

若草に犬の戯る散歩道

作者名 くまた 回答数 : 2

投稿日時:

掛け初めの眼鏡と灯火親しめり

作者名 季詠 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『二風谷の半纏羽織る薫風裡』 作者: あらちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ