俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

亀鳴くや明日で定年もう寝るか

作者 めでかや  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

亀鳴くや&卒業、即吟とは言え『季重なり』。
指摘される前に気が付いて良かったぁ~(笑)。
こっちの方が今の自分には合っているかなぁ?。

定年って思っていた以上の寂しさがありますね。
泣いてなんかいないけど、そういう風に見えるかも知れません。
そんな寂しさが伝えられたら成功かな?。

イメージは柏原芳恵の『春なのに♪』、あら?、やっぱ卒業じゃん(笑)。

最新の添削

「亀鳴くや明日で定年もう寝るか」の批評

回答者 めい

私は、定年をよく知りませんが、夫は、喜んでいました。よく、やったなあと、感慨深いものがあるんでしょうね。

▪明日定年ヒューとしじまに亀の鳴く

亀も鳴くことがあるそうです。
また、宜しくお願いいたします。💐🎉✨

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「亀鳴くや明日で定年もう寝るか」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

めでかやさんこんにちは。
これは作者の偽らざる心境だとは思いますが俳句としてはやはり前句の方が好きですね。
いっそのことストレートに、

定年を悲しむやうに亀の鳴く

亀のようにコツコツと歩んで来た六十数年、お疲れ様でした。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「亀鳴くや明日で定年もう寝るか」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

葱の句コメントありがとうございます。自分でも無理やり感じていたので、ただ真っ直ぐ伸びる葱畑は私には珍しい光景でした。季語に書いてあるんですね。不勉強でした。

さて、定年前夜のしみじみしたお気持ちは良く伝わります。ただ、三段切れっぽのが気になります。明日でといのも言わなくも良いような気がします。
「亀鳴くや定年来たねもう寝るか」

よろしく。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

如月や黒を重ねる会津塗り

作者名 もんこ 回答数 : 7

投稿日時:

要望:厳しくしてください

ベランダの欄干錆ぶに梅の香来

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 1

投稿日時:

チューリップワインは赤と白とロゼ

作者名 かぬまっこ 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『亀鳴くや明日で定年もう寝るか』 作者: めでかや
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ