俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

山々を鶴とびさいて桜まう

作者 もろおかりえこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

春に鶴が飛び桜が舞うようす

最新の添削

「山々を鶴とびさいて桜まう」の批評

回答者 なおじい

もろおかりえこさん、こんにちは。御句拝読しました。
俳句では、一つの季節を詠みまして、その季節を表す季語というのを置きます。
それは原則として一句に一つと決まってまして、二つ以上は季重なりと言って、上級者の離れ技だとされています。私たちは、季語は一つで作っていきたいですね。

それからしますと、御句は、鶴が冬の季語、桜が春の季語になります。
どちらかにしたいです。
また、もう一つの問題は、「とびさいて」という言葉ですが、これはどういう意味でしょう?あまり使わないと思うのです。飛び交うというのはありますけどね。

できましたら、冬か春の景色のどちらかに寄せて、もう一度詠んでいただくといいかもしれません。よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

爺仕切るラジオ体操花八手

作者名 竜子 回答数 : 0

投稿日時:

裏庭に盥並べて海開き

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 1

投稿日時:

冬虹よ今日も夢中さ君だけに

作者名 堀籠美雪 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『山々を鶴とびさいて桜まう』 作者: もろおかりえこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ