俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

軒先の雪解雫のやはき音

作者 あらちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

北海道も温暖です

最新の添削

「軒先の雪解雫のやはき音」の批評

回答者 こま爺

再訪てす。

魑魅は水の神、山や川に住む化け物のことで、実は今の政治や社会の風潮のことを比喩したかったのです。誰これのの行為を具体的に示すものではないです。

余談ですが、俳句の基本について少々。

俳句は”少し具体的に”でしょうね。すべて具体的にすると報告、説明というありがたくない評価が下ります。それを避けるためのさじ加減こそがまさに目指すところでしょうか。

私もそこは決した上手いとは思っていませんが、少なくとも、次の点には特に注意をらっています。

○意図を正確に伝えようとして言葉を詰 め込まない。
構成は、季語 + 話のタネ。意味的には、主題または副題の キーワードとそれにまつわる修飾語

○俳句は一部一厘もちがはずに描写することは不可能。

是非とも参考にしていただきたくよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「軒先の雪解雫のやはき音」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様 おはようございます。
お世話になります。
北海道も雪解けですか?早いですね。
提案句です。
雪解けの音はプレスト軒の下
プレストは音楽記号(急いだスピードで)
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「軒先の雪解雫のやはき音」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

音を詠むというのは良いですね。良い句だと思います。私も勉強になります。

ちょっと考えてみたいのは季語の位置ですね。直感ですが下五が良いのてはと思います。
「軒先に柔き音する雪時雨」

以下は音を詠んだ句です。ご参考迄に。
https://www.sakigake.jp/special/2020/haiku/article_73.jsp

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「軒先の雪解雫のやはき音」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様こんにちは。
季語「雪解雫」は、真の意味で雪深い地方だからこそ味わえる感慨かと思います。
貴句にはその意味で、作者の特別な感慨が込められているのではと思いました。
「やはき音」がそのすべてを物語っております。
音を具体的に表現してみます。

ソの音の雪解雫のやはきかな

私には雫の滴る音が「ソ」に聴こえましたです。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「軒先の雪解雫のやはき音」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様、こんにちは。
拙句「子の刻…」へのコメントをありがとうございました。お返事が遅くなり申し訳ありません。
眠気の方が正確でしたね。ありがとうございます!

御句拝読しました。
全国どこも暖かいようですが、北海道でも雪が解けてきているのですね!
北国からの、自然への畏怖と敬意が伝わってきます。
雪解けの雫を光景ではなく音として表現されるのが上手いですし、気づかされました。「やはき音」も想像が膨らんでいいですね。
上五が無くても中七下五で「軒下」は連想できるかもと思いましたが、余計な情報入れて焦点がぼやけるより原句のままが良いかなと思い直しました。
皆さんの提案句も面白いですね。感想にて失礼いたします。

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

豆を挽くほのかなかをり日向ぼこ

作者名 竜子 回答数 : 5

投稿日時:

彫刻の向きそれぞれに夏日受く

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

小石投ぐ氷の池のこつこつと

作者名 イサク 回答数 : 11

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『軒先の雪解雫のやはき音』 作者: あらちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ