俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

吾が猫の秘密基地なり春炬燵

作者 あらちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

基地ごっこをしているように見える

最新の添削

「吾が猫の秘密基地なり春炬燵」の批評

回答者 竜子

あらちゃん様 こんばんは
お世話になります。
猫はこたつがすきなんですね。炬燵猫の季語がありますから。
冬の季語ですが、そちらで詠んでみます。
我が場所をいつも陣取る炬燵猫
上手くありませんでした。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「吾が猫の秘密基地なり春炬燵」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

あらちゃんさんこんにちは、春風の拙句に早速コメントありがとうございます🙇
背と書いてせなと読むと思っていましたが、ながいるのですね~
認識不足でした😓
御句ですが、猫は本当に炬燵好きですよね!

・愛猫も夢を見ている春炬燵

猫は殆ど寝ているかな?と想像で…
句意が違ってきましたね😓
またよろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「吾が猫の秘密基地なり春炬燵」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様こんにちは。
炬燵は人間にとっては非常に便利な什器ですね。春夏秋はテーブルとして、冬は暖房として欠かせません。我が家でも四季を通じてフル稼働してます。
食卓であり、憩いのテーブルとなり、趣味の机でもある炬燵。
人間にとって万能の家具です。
作者の家の炬燵もおそらく。
ある時はパソコンを開いて俳句を詠み、お陰で天板はキズだらけ。でもそれが妙に馴染んで手放せない。そして中を覗けば丸くなった、ボールのような猫が我が物のように陣取っている。
彼(彼女)にとっては安住の地であり、秘密基地でもあるのだ。
我々の子供の頃、竹薮の中や、土管の中、大きな橋の下にそういった秘密基地を作ったものです。
そんな感慨に耽りながら、さて貴句、俳句として、炬燵を猫の秘密基地とするのはやや平凡かと。ならばいっそのこと、

我とても発信基地や春炬燵

として、我が事のように詠むのは如何でしょうか?
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「吾が猫の秘密基地なり春炬燵」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様。春炬燵は、居心地のいい仮の場所。他にかくしている場所があるのですよ。
と、裏をかいてみました。
大人の男の基地は、わかりやすい場所にあるわけないよ。という意味で。
▪我基地はここにはあらず春炬燵

また、宜しくお願いいたします

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

歎声に書閉づ車窓は冬の冨士

作者名 大泉洋二郎 回答数 : 1

投稿日時:

家族団欒皿に最後の梨残る

作者名 ヒュアー 回答数 : 3

投稿日時:

松脂の匂ふ窯場や冬の夜

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『吾が猫の秘密基地なり春炬燵』 作者: あらちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ