俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

山茶花や輪廻を思ふ花と土

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

山茶花の咲いては散りを淡々と繰り返すのを見て。
ふと見ると巨匠イサクさんがお帰りなのでこんな句でちょっと気が引けますが。

最新の添削

「山茶花や輪廻を思ふ花と土」の批評

回答者 イサク

ごぶさたしております。コメントありがとうございます。
そもそも巨匠とかでもないですし、言われるとコメントしづらくなりますので、フランクに行きましょうフランクに。

御句、コメントを読むと下五の「花」は山茶花のことですね。
「花」はご注意ください。季重なりとは思いませんが受け手を困惑させがちです。

◆まず推敲が難しい点。有季定型俳句とは季節のごとの変化を、もっと大きく言えば季節の移り変わりによる生命の循環(人間を含む)を詠んでいるので、だいたいの季語に「輪廻」感はあるということ。
 ことさら山茶花を見て自分がそう思った、というのを句に残すのは良いと思いますが、ある意味「当たり前」の「理屈」を詠むことになります。また、受け手にとっては季語が他のものに変わりやすい可能性があります。この句の場合は散る花や儚いイメージの花、例えば上五を「桜木や」などにしても違和感が薄いはずです。
 この点は、「作者がそう思った」という句意なので、私からは変えられません。

◆山茶花の散る姿を詠んでいるのであれば下五の「花と土」に蛇足感がありますね。「花」は言わずもがな山茶花の花びらのことですし、「土」は山茶花の足元に見えています。

この句の場合は「作者がそう思った」という点に主眼がありそうですので、少し形を変えて以下のようになります。

・山茶花の散りて輪廻を思ひけり

「輪廻を思う」をわざわざ言わずに俳句の世界観や季語に託して、説明せずに映像だけを見せて、受け手の想像力を信頼する勇気があれば、もっと俳句の幅が広がることがあります。例えばの句を置いておきます。掲句の下五のことばを借りて。

・山茶花のはなびら土に触れてをり

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「山茶花や輪廻を思ふ花と土」の批評

回答者 堀籠美雪

句の評価:
★★★★★

こま爺様
確かに散った山茶花を肥やしにして土は満たされ、また花を咲かせる、皆、土に帰るのですね、良い句ですね。それから巨匠イサク様、私も毎回頭が下がります。イサク様からは何ていうかこう、正義の味方を感じます。正しいのですね、素敵な方だと思います。

点数: 1

添削のお礼として、堀籠美雪さんの俳句の感想を書いてください >>

「山茶花や輪廻を思ふ花と土」の批評

回答者 堀籠美雪

句の評価:
★★★★★

こま爺様
はい、私はなりたい私と本当の私とのギャップに日々悩んでいますが…💦特に上の孫、会う時は、いつも私のそばにいます。私は下の孫にも同じに接したいのですが、下の孫が急に上の孫の悪口を、私の耳ともで言いました。私はよく聞いておらず、頷き、上の孫が泣き出し、寝ていたお父さんに泣くな!と言われ、上の孫は、ぐっとこらえました。彼女の苦しさを思うと、私はとても悪い事をし、とても苦しみました。私は不出来な人間です、でも娘は私を必要としていると心から感じるので、生きています。こらからも謙虚に生きていくつもりです。必要とされている限り。何か訳の分からない添削になってしまいました。ごめんなさい🙇💦

点数: 1

添削のお礼として、堀籠美雪さんの俳句の感想を書いてください >>

「山茶花や輪廻を思ふ花と土」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

こま爺様、こんにちは😐
お世話になります。

「輪廻を思ふ」…
ここで主観の語「思ふ」を入れるのは、駄目だと思いました。

「山茶花や輪廻重ぬる花と土」
とか…

一物で平凡な感じですが、味わいのあるモチーフだと思いました。

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蝋燭に束の間頼る秋の夜

作者名 岸本義仁 回答数 : 0

投稿日時:

シクラメンかがり火のよな暖かさ

作者名 森本可南 回答数 : 0

投稿日時:

三浪の決まりし夜や猫の恋

作者名 なおじい 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『山茶花や輪廻を思ふ花と土』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ