俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寒風に揺れる花びら耐冬花

作者 秋恵  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

強風に揺れる椿の花ですが
「耐冬花」は
季語になるのでしょうか?
季重なり・・⁉️

最新の添削

「寒風に揺れる花びら耐冬花」の批評

回答者 竜子

秋恵様 こんにちは
お世話になります。
耐冬花は季語なんですか?私の歳時記は載ってなかったです。
花弁は春の季語ですかね?
寒椿は冬の季語ですから
風の音耐へて忍ぶる寒椿
上手くありませんが、寒椿の様子を詠んでみました。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「寒風に揺れる花びら耐冬花」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

秋恵様。こんばんは
御句拝読いたしました。
調べました。
旧暦の春の季語のようです。
すごく残念です。読むからに、これは、ツバキが主役だと思ったので。
私なりに考えてみました。

▪寒風の耐える花弁のたをたをと

た の韻を踏んでみました。
たおたおというのは、たおやかという意味で、源氏物語に出てきます。うろ覚えですが、夕顔の
章だったかなと思います。

また、宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

禿頭にそつと乗せたり冬帽子

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

街を行く太鼓屋台に律の風

作者名 こま爺 回答数 : 4

投稿日時:

冬浅し布団の中で見る天井

作者名 なおと 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寒風に揺れる花びら耐冬花』 作者: 秋恵
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ