俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雪嶺やひもの肴の茶碗酒

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんな風景がありそうと思いました。

最新の添削

「雪嶺やひもの肴の茶碗酒」の批評

回答者 コウ

竜子様

いつもありがとうございます。
冬の夜の句にもご意見、提案句ありがとうございました。
なにかの吉兆だと良いですが😊
に は説明的ですね。
火球に驚きなんの工夫もない句になってしまいました。
「冬田道」の季語も初めて知りました。
もっと衝撃的な句を作ってみたいです😉

御句拝読しました。
気持ちの良い句ですね。
雪嶺の壮大さと茶碗酒で豪快さが増したように思いました。
やってみたい光景です。

また、よろしくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雪嶺やひもの肴の茶碗酒」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
いいですね。👍️☺️👍️

中七下五のからの発想絶大‼️。私はこう読みます。
ちょと寂しいが、生活はちゃんと出来ておりそこそこの幸せも感じる。干物の質感とさらっと流しこむ茶碗酒。そのうちちょといい気分。
寒々していても美しく堅実に生きる。

改めていいですね。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「雪嶺やひもの肴の茶碗酒」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

竜子さんこんにちは。
十二月八日の句へのコメントありがとうございます。
お返事が遅れて申し訳ありません。
渋茶の案、いいですね。勉強になりました。

御句
「冬の山」の傍題「雪嶺」。冬の山のもの悲しさを感じさせない、壮大でいい季語ですね。
茶碗酒との取り合わせもいいと思います。
ただ、「〇〇を肴に酒を飲む」みたいな句は凡人になりがちと夏井先生が言っていたのを記憶しています。そこの懸念点がありますね。

・『雪嶺へ掲ぐ湯気立つ茶碗酒』
雪嶺との奥行きを出したのと、温度の対比をしてみました。

またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「雪嶺やひもの肴の茶碗酒」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

竜子さん、こんにちは🙂
お世話になります。

「ひもの肴の」に、少し語呂の悪さがあるように思えました…
「雪嶺の見えて干物で茶碗酒」
「雪嶺の見えて茶碗酒と干物」
とか…
型としては、原句が"正しい"と思いますが…

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「雪嶺やひもの肴の茶碗酒」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

竜子さま、こんにちは。
拙句「冬日差す…」へのコメントをありがとうございます。
ガザと直接詠んだ方がいいかは迷ったところです。ご提案句ありがとうございました!

御句、いいですね。
壮大な「雪嶺」と小さく庶民的な「茶碗酒」の対比が素晴らしいと思いました。
勉強になります。

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

スケッチの風景画にもマスクあり

作者名 そうり 回答数 : 8

投稿日時:

生きるとも死ぬとも秋の蛍かな

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 2

投稿日時:

中天に大穴開ける大花火

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雪嶺やひもの肴の茶碗酒』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ