俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

渡り鳥国境の無き空を行く

作者 慈雨  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

病院の爆破、イスラエルとパレスチナの歴史などが連日ニュースで流れるこの頃。
空には国境なんて無いのに。少しでも早く争いが終結することを願っています。

最新の添削

「渡り鳥国境の無き空を行く」の批評

回答者 なおじい

慈雨さん、こんにちは。
御句拝読しました。おっしゃることはとてもよくわかります。共感します。
ただ、今日は慈雨さんですからあえてちょっと意地悪なことを申し上げます。

空にも国境はあるのですよ。ですから領空侵犯とか起きるわけですよね。これは海でも同じですけど。

で、慈雨さんのおっしゃりたいことを伝えるにはどうしたらいいかかというと、空を飛ぶ鳥たちには国境などないのだ、という論調に持っていけばいい。現実に国境はあるが、鳥たちにはないのだ、うらやましいなぁ。人間もそうなればいいのに、と。

それで提案句を作ろうとしましたが、これが結構難しい。

結局できたのが、

・目に見へぬ国境越へて渡り鳥

これでは言っていることと提案句が違う!

・渡り鳥彼らには無き国境(くにざかい)

このほうがまだ近いか。

慈雨さんですから、あえてうがった見方をしましたが、提案句が今一つ。まあ、こんな見方をする人もいるというご参考になれば幸甚です。

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「渡り鳥国境の無き空を行く」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
渡り鳥は自由!
なのに、何故人間には国境があるのか?
そして、争うのか?
毎日、悲しいです。
慈雨さんもきっとそんなお気持ちをこの句に託されたと思いました。
すべての人間が渡り鳥のように
自由でありたい!

渡り鳥空に国境無きものを

慈雨さんの思いを勝手に決めつけたかなと少し心配です。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

窓覆うポリカーボネート冬構え

作者名 ささゆみ 回答数 : 1

投稿日時:

地震つづく日本列島明易き

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

春雨の対岸おぼろげなる鋸山

作者名 土屋 羊子 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『渡り鳥国境の無き空を行く』 作者: 慈雨
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ