俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花衣とヒジャブ二人とも瓶コーラ

作者 石垣  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ヒジャブを被ったイスラム教徒の方が花見をしていたので、もし日本人と楽しんでいたらこの様な光景ではないかと想像しました

最新の添削

花衣ヒジャブの友と瓶コーラ

回答者 いなだはまち

石垣さま

花衣、日本らしい季語ですよね。
ちょっとおめかししてのお花見。
やってみたいものです。😄

イスラムのヒジャブ、いわば花衣ですね。
そんな意味を込めて、字余りの解消とリズムを取り戻してみました。

上五の花衣(の人)で、桜の下にいる景が立つかと存じます。😄

指摘事項: 字余り

句の評価:
★★★★★
★★

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鈍色の梵鐘突きさみだるる

作者名 卯筒 回答数 : 0

投稿日時:

春障子孫のひそひそ話らし

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

秋時雨コーヒー二百五十円

作者名 長谷機械児 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花衣とヒジャブ二人とも瓶コーラ』 作者: 石垣
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ