俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

たづねびとこの花野にはいないのか

作者 ケント  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

私は今年の春から句作を始め、まず勉強のため1000句を目指しました。この道場以外の媒体に投句したこともありませんでした。8月からは、ある結社に入れて頂きボロクソ言われております。句作は現在1300句くらいになりました、駄作ばかりです。でも目標の1000句達成の記念にと思い、某新聞俳壇に投句しましたところ、望外にも上位二席に入れて頂きました。この道場の多くの皆さんは当たり前の様に他の媒体でご活躍なのを存じておりますので、こんなことぐらいで、ここに投句するのを躊躇ったのですが、
せっかくなので皆さんのご意見も頂戴したく投句致しました。
よろしくお願いいたします。

最新の添削

「たづねびとこの花野にはいないのか」の批評

回答者 負乗

ケントさん、こんばんは🙂
コメント頂いて、中々返信出来なくてすいませんでした😓

まず、特選おめでとうございます✨
ここに出てきた時は、この句、気が付かなかったのですが、寂漠感が出ていて、良い句と思いました。季語の「花野」とは、こんな情景のことなんでしょうね。

私は2020年の一月から俳句を始めて、今、だいたい二千句ぐらいぐらいですかね。(その大半は、駄洒落か、ふざけた句です😄)
他の皆様のように、上位入選句は、(まだ!)ありませんです😭
がんばります☹️

拙句「ひとり旅〜」ですが、ふざけ半分の句ですが、切ない気持ちは常に持ってるんです😔(ケントさんご想像のとは、ちと違いますが…😄、もう一度逢うのは、"来世"です!…問屋しだいですがね…)
『みちのくひとり旅』は、大好きな唄なんで、皆さんにお聞かせしたくて…
「芋煮会」の芋煮は、まだ、食べたことがありません…。東北地方でよくやるようですね。私もやってみたい!
昨年もこのサイトでは「芋煮会」のお題が出たので、その時は、
「月山の昼には晴れて芋煮会」
でした。これも全く想像句ですが、きれいに出来たかな、とは思いました。まあ、類想的ですが。

それと、「青き時計して〜」ですが、「青き時計の爽やかさと紅葉が相まって良い感じ…」のコメント、嬉しいです。それが狙いでした。
文語調は、ありきたり感を外すための試みでした。上手くないようですね…

また宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「たづねびとこの花野にはいないのか」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

ケントさんの俳句への情熱はすごいですね。
私はゆったりとマイペースで作っていきたいタイプなので、しっかりと目標をもって句作に励んだり、どこかの句会に参加したりなどはしないので、尊敬します。

御句
口語にすることによる効果が出ていると思います。
「たずね」ではなく「たづね」と旧仮名遣いで書かれているので、「いないのか」ではなく「おらぬのか」としてもいいかもしれません。

こま爺さんのコメントにありますが、私も俳句は写生・描写が一番大事だと思っています。
もちろん観念句も俳句の一つの作り方ですし、私もたまに作ることもあるので、御句のままでも全然良いですが、上記のことを踏まえ、御句を写生・描写の句に作り直してみます。
※「たづねびと」を人探しの意味に受け止めて直します。句意の読み取りが違ったらすみません。

・『大花野友の行方を捜しけり』

またよろしくお願いします。

点数: 4

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「たづねびとこの花野にはいないのか」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

せ、1300句!!凄い!!尊敬です!そして俳壇二席もおめでとうございます🎉

私は五年近くぼちぼちやってるけど、つい最近まで、100句ちょっとくらいでした。😭
いい加減らちあかんとおもって三ヶ月前くらいからはつくりまくってますが、1300には届かない。毎日30句やろうとしてましたが、なかなか平均すると10句くらいがせいぜいで。。

鑑賞と作句は両輪といいます。いろいろ鑑賞もいいかと思います。

とにかく俳句にはまっている人みると嬉しくなります!これからも共に頑張りましょう。よろしくおねがいします!

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「たづねびとこの花野にはいないのか」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

熱心に取り組んでおられるのには頭が下がる思いです。

俳句に向かうものとして観念か写生という課題はよく取り上げられていますね。イサクさんはその両方だとおっしゃっています。私もそう思います。

ただ、取り組む方向という言い方をすれば、写生→観念ではないでしょうか。

のほんのちょっ具体的に、少しの無駄も省く、これについては写生の方が勉強になると思います。

私もそれに気付いてから少しですが、夏井道場の、人、佳作レベルを取れるようになりました。基本並みです。目標にすべき方は何人かいらっしゃいますので、しばらくはこの道場で励みたいたす。

あくまで参考意見としてお受け止め下さい。よろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「たづねびとこの花野にはいないのか」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

ケント様 こんばんは。
お世話になります。
俳句頑張っていらっしゃるんですね。
1300句ですか。素晴らしいです。
俳壇特選おめでとうございます。
拙句の下校のコメントありがとうございます。
金木犀のにほいだけでは類想どまんなかかなと思って下校の子供たちの声が聞こえることを合わせてみました。
それでも普通でした。
御句
佳い俳句ですね。
勉強になります。
これからもよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「たづねびとこの花野にはいないのか」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

再訪

とおもってこの道場への投句みたらここだけで250くらいは作ってるので、全部で、1300は超えてるかも(だからなんだですが(笑))

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「たづねびとこの花野にはいないのか」の批評

回答者 春野ぷりん

句の評価:
★★★★★

おはようございます😊ケントさん♪
いつもお世話になっております。
「猫と叶えるバケットリスト」の句にコメント添削ありがとうございます。ケントさんは犬を飼っていらっしゃるのですね!!飼っていると犬も猫も大切な家族の一員になり、少しでも長く一緒に過ごしたい、いっぱい好きなことをさせてあげたいというケントさんの気持ち私も同じですごく嬉しいです。
確かに「バケットリスト」だけで七音なので字余りでした。“猫と綴る“も良いですね。
ありがとうございます。提案句、勉強になります。お礼だけですみません。後ほど御句についてコメントを投稿させて下さい。
よろしくお願いします😊

点数: 1

添削のお礼として、春野ぷりんさんの俳句の感想を書いてください >>

「たづねびとこの花野にはいないのか」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

ありがとうございます!

てか、全然、差なんてないですよ。まじで。ほんと全然だめだなぁと日々もがいております。

が、頑張ります!

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「たづねびとこの花野にはいないのか」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

こんにちは、まずは新聞掲載おめでとうございます🎉(私なんか句歴はずっと長いですが新聞は2回しかありません😓)
そして、1300句ですか😵凄すぎて…
俳句愛ですね~✴
一人よりにコメントありがとうございます、ご心配お掛けしました<(_ _)>(ちっともくだらなくはありませんよ!)
夫婦はそれ程冷え切ってはおりません😓色々な意味が…
ケントさんはお優しいんですね!
御句、上位に入選の句にコメントはしにくいですが…最初は他の方のコメントのように、もう少し具体性が欲しいかと思いましたが、ケントさんの句意を読みまして…この花野にお母様は居ないけど、遠くの花野かどこかにはきっと…という意味が込められてると思い、深い句と思いました、
感想のみですがよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「たづねびとこの花野にはいないのか」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

再訪です。

訪ね人はお母さんでしたか。誤解していました。申し訳けありません。

私ごとで恐縮ですが、恥ずかしい話、今この年になって私を最も大事にしてたのは母だったんだと悟る次第ですつくづく。

母は十数年前に他界しましたが優しい言葉をかけてやれなかった自分を責めることたびたびです。まさしくたずね人です。

改めて誤解してましたことお詫び申し上げます。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「たづねびとこの花野にはいないのか」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

ケント様 おはようございます。
お世話になります。
拙句の音立ててのコメントありがとうございます。
確かに説明的でしたね。
ご提案も勉強になります。
ありがとうございました。
音立てて唄う大鍋芋煮会
と詠みかえました。
これからもご指導よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蛇口からぬるま湯の朝この残暑

作者名 秋恵 回答数 : 2

投稿日時:

寒卵この辺りにやキラウエヤ

作者名 感じ 回答数 : 3

投稿日時:

夕月やしろき帆舟の浦しずか

作者名 竜子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『たづねびとこの花野にはいないのか』 作者: ケント
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ