俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

大玉のあらぬ方向天高し

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

玉転がしは思うようにいかない。

最新の添削

「大玉のあらぬ方向天高し」の批評

回答者 なおじい

竜子さん、こんにちは。
御句拝読しました。
こま爺さんがいいことおっしゃっていますね。負けました(笑)!
ちょっと似てしまいますがご容赦ください。

御句で気になりましたのは、花火の大玉ということもさることながら、大玉って、「転がし」とか「送り」とかが付いて、ああ、あれか、とわかるような気がします。
とにかく大きくて丸いものを大玉という文化が日本にはありますからね(笑)。

大玉転がしだとしますと、季語の「天高し」とのつながりが気になりました。それこそ花火の大玉であれば天高しでもいいのですが、大玉転がしですと地上を転がっていますよね。他に、もう少し合いそうな季語があるのではないかと。

「方向」という語も、こま爺さんがおっしゃるように、上下左右漠然としているので、もう少し具体的にしたいかなと。

・大玉のどこへ転がる秋日和

色々と申し上げてすみません。これだと運動会の競技で、いい天気ということも伝わるかなと思いました。よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「大玉のあらぬ方向天高し」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

「あらぬの」にはなるほどです。このままで良いような気はします。

ただ、大玉を運動会の大玉でなく花火の大玉と取る人もいるかもしれないてすね。

そんなわけで「方向」を少し工夫しくなります。方向を具体的なものに変えるとすると「コース」、「あらぬ方向」を「あっちこっち」としても伝わるでしょうね。
”大玉のあらぬコースに天高し”
”大玉のあっちこっちへ天高し”

よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

紫陽花や人生まわる万華鏡

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 0

投稿日時:

水鳥の次に浮かぶはあの辺り

作者名 めでかや 回答数 : 9

投稿日時:

禅終へてすする朝粥梅の花

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『大玉のあらぬ方向天高し』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ